2017年01月15日

小恍惚と神秘体験による魂の喜び 受け入れる心

小恍惚と神秘体験による魂の喜び 受け入れる心

人間の真実の幸福あるいは喜びは、内にあります。
外なる道徳規範に基づいた価値観によって人間は、本当の喜びを得ることはできないでしょう。

聖女と言われる人達は、神秘体験によって恍惚感を得るという体験をしていると思います。
リジューの聖テレジアの場合、病床にあって聖母マリアが優しく微笑んでくれたのを見たそうです。
その優しい微笑みをみて、彼女の病気は突然に治ってしまったとのことです。
彼女の姉たちが付き添っていたのですが、重病であった彼女の顔が光り輝いて見えたと述べています。

ルルドの聖ベルナデットは何度か聖母マリアを見ています。
彼女は、骨髄カリエス?か何かの重病で、激痛があるはずですが、苦痛を訴えていなかったようです。
信仰の力によって病気が回復します。

あるいは、他の聖者たちも白光を見る、あるいは、白光に包まれるという体験を通して、恍惚感を得ているようです。
このような神秘体験をしますと、世俗的なことに関して無関心と言いますか、地上的なものに価値を見出せなくなるようです。

唐の善道は、二河白道の話をされていたと思います。
右が貪愛(奪う愛)による洪水、左が瞋(怒りの炎)その中にあって救いの道(中道)を白道と言いました。
善道も、白光に包まれる体験をしたのかもしれません。

このような神秘体験は魂にとっての一大転機であると言えます。
地上的価値観がむなしくなってくるのでしょう。

しかし、簡単に自惚れる傾向の強い人は、霊的体験をしない方がその人自身のためともいえます。
底固めができていませんと、簡単に慢心し自分が菩薩・如来だと勘違いして、上から目線の発言をするようになります。

聖人たちは自分の体験を神の恩寵と呼んでいます。
それは自分の努力によって獲得したものではなく、まさに、神からの賜物として感じられるのでしょう。
中世の聖トマス・アクィナスは、「もっともよき認識は、授けられるものです」とのべています。
(しかし、トマス・アクィナス自身は、相当努力して認識を得ています。)

正しい意味における小恍惚感を得る人の心的特徴は、受け身であるという点です。
宗教的常識として、心が澄んだ状態であり受け身の気持ちであれば、インスピレーションを受けやすい状態であるといわれています。


宗教には慈悲の心が大切であると言えます。

慈愛の心と悲しみを知るということでしょう。

マズローの臨床的観察によりますと、至高体験の被験者には、あわれみと言いますか悲しみの心が顕著だそうです。

日常の何でもない風景の中に、悲しさを感じるのでしょう。

おじさんが、おいしそうに食事をしている姿を見てかわいそうだと思う
(かわいそうという気持ちは当然、自分が上に立って思うのではなく、自然にかわいそうだという気持ちになる)

道行く人を見て、この人も地上において苦しみながら魂修行をしているのだなと思う

努力も大切ですが、日常から離れて受け身的心情になれるように意識することも大切であると思います。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 03:29 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

政治家の資質 絶対平和主義という幻想によって国が亡びる

政治家の資質 絶対平和主義という幻想によって国が亡びる

政治家としての資質について考えてみます。

プラトンは政治家として特徴的な資質を以下のように述べています。
1つは「慎重なる性格」、2つめは「勇敢なる性格」の2点です。
「慎重なる性格は、国内において全国民と平和な精神に徹した交友関係を深めていくとともに、諸外国に対してもやはり同様な方針にしたがいながら、万難を排してある意味での平和外交を貫きたいと願っています。
そして、これほどの平和愛好心というものは、必要限度を超えて間の抜けたものになるのが常です。
この種の人々は自分では気づかないけれど、外部からの侵略者によって蹂躙される寸前に立っています。
そして、ひとたび外的によるこの破局が訪れてきたら、この種の人々も子女も、そして当然その国家全体も、もはや自由な姿のものでなくなって、すべてはまったくの奴隷にされてしまうのでありますが、そうなってしまったあとで自分の非を気付いても後の祭りであることが、諸国家の過去を見るとまことに頻繁に起こっているのだ」

「それに対して、勇気のほうを偏愛する傾向にある人々の場合はどうでしょうか。人々は尚武の気概に満ちた生活を必要以上に激烈に求めたがる欲望に駆られて、自分らの所属する国家を、つねになんらかの戦争をおこなうようにと叱咤教導しつづける結果、多数の強国から憎悪を受けるような窮地にたつことになって、自分らの祖国を完全に滅亡させるか、あるいはうまくいったとしても、これらの敵国に奴隷のように屈従する属国な地位に祖国を没落されるか、そのどちらかの道をたどるものだというのが、むかしからの事実ではないのか」ポリティコス(政治)岩波書店参照 と述べています。

ともに政治的資質としては優れた素質だと思いますが、慎重さも勇敢さも、その両極端に走ったときは、国を滅ぼすことになり、国民に深い不幸を味あわせることになるでしょう。

理想的な指導者とは、慎重さと勇敢さを兼ね備えた中道的人間だと考えます。

なぜ勇敢さが必要なのでしょうか。いざという時に国民を守ることができない弱腰の指導者では、他国の言いなりになり、一国自体が滅ぼされてしまうでしょう。理想国家日本の条件より

上記でプラトンが書いた言葉を引用しましたが、外敵により蹂躙される寸前にきているというのに、原発反対などと目先のことだけにとらわれ、全体をみることができません。
あるいは、未来を見据えることができません。

またプラトンは、慎重な性格や勇敢な性格は大事な素質ではありますが、知識として真理を知っていることが大事であるといわれています。

なにが美であり、なにが正であり、なにが善であるかについての、さらになにがこれらのそれぞれの反対であるかについて、深いところで認識していることが大事であると思います。

勇気ある魂が、深いところまで真理を理解しているならば、なにをさしおいても国家における正義の顕現活動に参与したいと、さいわいにも願うようになります。
ところが、真理の恩恵に浴さない場合は、正道を逸脱して、野獣同然のすさまじい凶暴性を目指すような邪道への堕落をますます深めていきます。

また、慎重なる魂も、考えの基本に真理をしらなければ、「単純愚直なお人よしだ」という非難されるべき呼び名をつけられることによって、ひろく世間から悪評をうけることになるでしょう。
ポリティコス(政治)岩波書店参照
プラトンの考えの中には「絶対平和主義」という幻想的な考えはありません。どんな時でも戦争が悪であり、武器を持って戦うことを否定するような、愚かな考えなどありません。

現在の地球上で侵略の意思がある国(中国、北朝鮮)にたいして、武器をとって戦うことを否定する人種は、幻想左翼です。

プラトンは慎重な性格と勇敢な性格は、ベクトル方向が異なるので、一人で両方の性格を兼ね備えた人物がいない時は、縦糸と横糸が交わるがごとき、慎重タイプと勇敢タイプ両方をバランスよく入れて、彼らが協議して国の方向性を決めていくべきであると述べていたと思います。


日本は、世界から信頼されている国です。
世界の大国である以上、その責任と義務を果たすべきであると思います。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 04:06 | Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする