2017年02月26日

一定レベルの修行が完成してこそ初めて秘儀があかされる

一定レベルの修行が完成してこそ初めて秘儀があかされる

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァッキーの神智学、ルドルフ・シュタイナーの人智学、神秘思想、等、霊的世界に参入しようとする人たちは、厳しい修行が要請されます。

「力はそれを知るものに帰属する」という格言があります。
ソクラテスの「汝自身を知れ」あるいは「知は力なり」という言葉に通じるものがあると思いますが、真理を正しく理解する力、本物と偽物を見抜く力、あるいは、本質を見極める力、これらは修行者にとって大切なことであると思えます。

真理の道を志す、あるいは修行途中である私たちの最初にすべきことは、正しく真理知識を学ぶということであると考えます。
あえて正しくと付けたのは、同じ真理を学んでも理解力によって、同じように理解しているとは限らないからです。

社会経験や魂の傾向性、前世の努力精進、あるいは学ぶ姿勢によって、同じ真理を学んでも正しく理解する人、間違って解釈する人、まったく理解不能な人、いろいろだと思います。

ブラヴァッキーの著書やシュタイナーの著書を読むにつけても、霊的世界に参入しようとする修行者たちは、相当、己に厳しくないと危険であるという印象を受けます。

神の世界に踏み込もうとするわけですから、中途半端な気持ちでは、‘やめときなさい’ということなのでしょう。

仏教的には、戒・定、慧の三学と解脱・解脱知見ということになると思います。
戒律を守る意志の力、禅定を通して物質的波動を遮断し霊的世界に通じる心の状態、霊的世界観、霊的法則に裏付けられた智慧、智慧を使って地上的悩みや束縛から自由になる解脱、解脱した自分を自覚する解脱知見(五分法身、仏になるための五つに分かれた修行のカテゴリー)
このような修行を通して、一定の自己確立や不動心ができたとき、はじめて師は秘儀を伝授するのではないかと思います。

ですから、真理を広げるためだと言って、考えなしにすべて公の場に情報として流すことは間違いだということです。

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァッキーは「そして許さる範囲を超えてその秘密を開示する者すべてに対する罰則は恐ろしい」と述べています。
また、「話してはならないことは沈黙を守る」とも述べています。

なぜなのでしょうか。
あまり深く考えない浅はかな人は、たぶんこのように考えるのでしょう
「真理あるいは仏法、それ自体は正しい教えである。自分には深くわからないとしても、教えを多くの人に伝える(情報として対象者を選ばず無差別に流す)ことは正しい行為である。」

これは半分正しいことであると思いますが、半分は間違っています。
なぜなら、真理をまったく理解しない人、宗教をなめている人、左翼系の偽知識人、唯物論者、等、対象者を選ばず、情報を流すということは、誤解を生み真理が冒涜される可能性があるからです。

宗教としての秘儀の部分、奥義を自分が深く理解していないにも関わらず、情報として簡単に一般公開することは罪であると私も思います。

言葉は悪いのですが、猫に小判・豚に真珠、あるいはその猫や豚が振り向いて噛みついてくるかもしれません。(聖書にも似たような比喩が書いてあると思いました。)

そして、その情報と言いますか、内容に対して質問あるいは批判的コメントがきても、自分の言葉で反論すらできない始末です。
自分で理解していないので、質問あるいは批判に対してまったく言い返すことができず無視する以外にありません。
情けないと言えば情けないです。
自分の言葉で何も言えないのですから。


修行が正しく進んだ場合(正精進)その人は、他の人達に対して一定の影響力を持つようなると思います。おそらく、それが修行の成果であると考えます。

その人から優しいオーラが出ている、人から信頼され相談される、発言に説得力があり影響力がある等、周りに対して良い影響を与えることができるようなった時、それは神仏に向かって正しく修行が進んだということでしょう。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:59 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

E=mc2を検討する 物質世界は蜃気楼

E=mc2を検討する 物質世界は蜃気楼


なぜ、質量に光速をかけるとエネルギーになるでしょうか。
この公式で原爆ができたといわれていますが、どうしてか仕組みを知りたいところです。

エネルギーと光速.bmp

質量とは何なのでしょうか。質量には重力質量と慣性質量の2種類があります。

ニュートンの運動の第2法則に基づいて定義され、慣性の大きさを表す慣性質量。
一つの物体に外力が働かないときは、その物体は静止、あるいは等速直線運動を続ける。
物体が現在の運動状態(静止を含む)を保とうとする性質を慣性と言います。

万有引力の大きさを与える比例定数としての重力質量。
重力の強さは、地球の回転速度(遠心力)がなければ、地球の中心から距離の二乗に反比例する。
高い山の頂上で物が軽いのは、地球の中心から遠く、遠心力が大きいからです。

力とは、物体に加速度を生じさせる働きがあるといわれています。
力は質量×加速度と定義されています。
ニュートンの第2法則によりますと、物体に力が働くときは、力の方向に加速度が生じ、その大きさは力に比例し、物体の質量に反比例します。

質量の名称には統一性と言いますか連続性がありません。
素粒子の質量の単位はelectronvolt(eV)
1Vの電位差2点間を運動するときに得られるエネルギーです。

原子質量単位は、質量数12の炭素原子1個の質量1/12に相当する質量
原子質量単位.bmp

原子1個の質量を原子質量単位で測った値が原子量である。

分子より大きくなるとg(グラム)で表示されることになります。

eVとuとgの間には連続性がないように思います。

以上の関連性を分析しても質量がエネルギーと等価であるという結論に結びつきません。

素粒子の単位はeVです。
1Vの電位差は1eV
2Vの電位差は2 eVです。
VもeVも実数値は同じなのでプランク定数の値をeVと見立てて、素粒子の質量をプランク定数で割ると素粒子の周波数が算出されます。
プランク定数は1Hz(1振動・1回転)の電圧値(V)
です。
万有・プランク定数.bmp

素粒子の質量とは周波数(振動数)であるといえます。
振動数とエネルギーは密接な関係があります。(振動数が高いほどエネルギーも高い)

アインシュタインの式を検討します。
m(質量)は素粒子の振動数を表しています。
光速は1秒間に30万q
式を変形して
エネルギー関係式.bmp
エネルギーを光速(1秒間の振動数)で割ると質量の振動数がでる。

ですから、3次元物質世界は、一定の振動数によって存在していると言えます。
物質(質量)で構成されている3次元世界は、確固とした固定的な安定した世界であるように感覚器官には感じられますが、それは、肉体に基づく感覚器官の限界を表しています。

実は私たちの世界は、テレビに映る映像のような世界であり、きわめて不安定な世界であると考えます。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 22:14 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする