2017年06月18日

生命波の乱れによる動物の異常行動と重力場の乱れによる天変地異

生命波の乱れによる動物の異常行動と重力場の乱れによる天変地異

深海魚が浜辺に打ち上げられたり、漁師の網にかかったりと、日本各地の浅瀬で深海魚が多数捕獲されたという話を聞きます。
これは、確かに異常な事態であるという感じをうけます。このような深海魚が浅瀬で発見される理由として、地震の前触れではないかという声もでています。

深海魚が浅瀬で発見される理由として、海溝型の地震がおきると、岩盤の歪みからくる電圧で電流が発生し、わずかな電流を感知する能力を持つ深海魚が、電流を避けるために浅い海まで上がってくるというものです。

しかし、この説明だけですと、海溝型深海魚が電流を避けて、浅瀬に上がってくる理由はわかりますが、地上に生息している生物も、地震の前に異常な行動を示す場合もありますので、その理由に対しては説明しきれていないと思えます。

岩盤の亀裂は、そこに何かの圧力による歪みが必要です。この歪みの原因としてプレートテクトニクス(地球の表面が何枚かの固い岩盤(プレート)で構成されており、このプレートが滞留するマントルに乗って互いに動いていると説明されている。)やマグマの活動による歪みもあると思います。

しかし、最も直接的な影響力は太陽と月の潮汐力による地球球体の歪みによるという説もあります。

潮汐力とは、物体に働く重力の差によって、その物体を引き伸ばす力といわれています。
地球の中心から月までの距離を考えると、月の地球側に最も近い点に働く重力 Fa と地球側から最も遠い点に働く重力 Fb との差が潮汐力となります。
よって、月はごくわずかながら、ゆがんだ形になろうとします。

潮汐力の大きさは、差の計算になりますので万有引力の計算によりますと

潮汐力.jpg

地球と月の.gif


月の引力による地球の影響を考えてみますと、月の引力は、月に面した内側が最も大きく、反対側の外側は最も小さい。また、中心はその中間の引力となり、地球はゆがんだ形になろうとします。

地球には海があり、固体に比べ液体は自由に形が変形しますので、海水が膨らんで潮の満ち引きが起こります。


岩盤に亀裂が生じた時に、(重力波≒万有引力)が発生するのではないかと考えます。この重力波は生命のエネルギーと同質であり、直接的な影響を与えます。
プレートテクトニクスや潮汐力による地球球体の歪みにより、岩盤に亀裂が生じ、異常な周波数の重力波が発生して、その変化波をうけた生物が生命の危険を感じ、異常行動をとるのではないかと推測します。
これは、乗り物酔いや、母親の悪阻と同じ原理であると自分は考えています。
例えば、自動車が振動することで質量から重力波が発生し、その重力波が正常な生命波を乱すので、吐き気という現象が生じます。
また、母の胎内に子供が宿ることで、子供の生命波が母親の生命波を乱すので悪阻という現象が生じるのではないかと考えます。


人間の想念及び生命(精神)エネルギーと地球及び地球の重力場のエネルギーは同質です。
同質のエネルギーはお互いに影響を与えます。
宇宙、銀河、恒星、惑星、人間はそれぞれ独立で存在しているように感じられますが、実は一体であり影響を与え合いながら宇宙全体で進化していくのではないかと推測されます。

ですから、宇宙の調和を乱すような悪想念が増加すると、地球のバランスが崩れ天変地異という現象が生じます。
悪想念はどこから生じるのでしょうか。
それは人間の心で思う思考内容が脳を通して、目に見えない想念に変化して放出されます。

反対に、宇宙の秩序と調和する想念が増加するならば、地球は発展し太陽系や銀河系にもプラスの影響を与えていくはずです。

人間には仏性や神性が宿っているという意味は、人間の精神エネルギーと宇宙全体を構成しているエネルギーは同種類のものであり、宇宙全体の発展に一人一人の人間が関係しているからだと考えます。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:37 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

魂は自由自在であっても肉体に宿ると物質世界のルールに従わなければならない苦しみ

魂は自由自在であっても肉体に宿ると物質世界のルールに従わなければならない苦しみ

どのような偉大な魂であっても肉体をもって生まれてきたならば、物質世界のルール・法則の中で生きていかねばなりません。

仏教では、生・老・病・死といわれる四苦の苦しみを説いていますが、『生』は生まれてくる苦しみであると説かれています。
しかし、魂が肉体という衣を着て生きていく過程においても、やはり、苦しみは生じてきます。

プラトンでさえ、「パイドン」という著書の中で、『肉体は、これを養う必要のために我々に無数の面倒をかけるものだ。それに、病気にでもなろうものなら、我々の真実の探求は妨げられてしまう』と述べています。

ですからプラトンが述べる哲学者の使命とは、魂を肉体の結びつきからできるだけ解放することだと言われています。

真実の哲学が述べ伝える真理は、仏教と相通じるものがあります。
ギリシャ哲学、ドイツ観念論哲学等、すべては仏教に通じていると思います。

魂は本来、霊的世界について語っているところの哲学や宗教を求めているはずです。

しかし、魂が肉体に宿ると、肉体に基づく感覚器官によって魂が堕落する方向に物事を判断してしまいます。

20世紀後半、科学万能主義とダーウィンの進化論、実存主義哲学が世界を覆い尽くしたために、五感を通して確認できないものは、否定する方向で時代がながれてきました。

社会的流れが唯物的なので多くの人達は、人間の本質とは何かを自分で深く考えることなく、テレビや新聞や低俗な雑誌による情報に流され人間の本質を見失っています。

また、過去に説かれ教え、宗教を学び実践している人たちであっても霊的世界を信じることができずに、ただ、お題目を唱えている人たちも数多くいるように感じます。

日本は、法華経、浄土真宗及び浄土宗等、他力本願型宗教が定着しています。
しかし、他力本願型宗教は因果関係を無視して、「南無妙法蓮華経」と唱えれば幸福になれる。念仏を唱えれば幸せになれる等、苦しみの原因を自己責任としないで、他に求める傾向があるのではないかと考えらます。

霊的世界を証明しようとした偉人は、過去数え切れないほどいると思います。
ギリシャ時代のソクラテス、プラトン、キリスト教や仏教、スウェーデンボルグ、ルドルフシュタイナー、日本では、源信、空海等、数えればきりがないほど存在しています。

つまり霊的世界を知る機会は、随所にあるということだと思いますが、霊的世界を知ることで、人生を生きていく意味が全く違ってくると思います。

肉体に宿ることで魂は盲目になりますが、そのような盲目状態で、魂の本質・霊的世界についての認識を得ることが、悟りにつながっていくのでしょう。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:37 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする