2017年08月31日

多重構造と多世界解釈

多重構造と多世界解釈


地球を取り巻く成層圏に霊的磁場が形成されています。
霊界存在の証明に、例えば原子がつぶれずに原子核の軌道を電子がまわれる理由として虚次元(高次元)から常にエネルギーが供給されているという仮定を以前に書きました。
現在は、電子は波動(物質波)としての性質がありますので、電子はボーアの量子条件にしたがう軌道を、とびとびの値だけに限られれた軌道を回ります。
量子条件とは、「軌道1周の長さ(軌道半径×2×円周率)に電子の運動量(電子の質量×速度)をかけたものは、プランク定数(h)の整数倍(n)のものに限られます。」

量子条件の式は以下の通りです
電子の波が原子核の周囲に存在できる条件
多世界解釈1.jpg

電子の波の波長と電子の運動量との関係式
多世界解釈2.jpg
@にAを代入して
多世界解釈3.jpg
式の意味を解釈しますと、電子(m)が速度(v)で軌道を1周(2πr)した時のエネルギーとプランク定数は等しいという意味にとります。
次に振動数条件ですが、電子が軌道aから軌道bに移動した時、差のエネルギーを光子として放出します。その時の光の振動数は以下の通りです。
多世界解釈4.jpg
ν :電子が放つ光の振動数
Ea:電子がn=aの軌道にいるときのエネルギー
Eb:電子がn=bの軌道にいるときのエネルギー
h :プランク定数

差額のエネルギーをプランク定数で割るとエネルギーの振動数が算出されます。
プランク定数の意味を1振動1回転した時の最小単位のエネルギーと考えますと意味が理解できます。
証明の意味は、電子が原子核の軌道を回っていられる理由は、波長が整数倍であれば干渉しないので、エネルギーが減少することなくまわっていられる、上記の式はそのことを説明していると思うのですが、私は光を放出した分のエネルギーは虚質から補給しているので原子は安定して存在していると考えています。ここでいう虚質は高次元という意味で考えています。

更に粒子が波の性質を有していると考えた場合、一つの理論として多世界解釈という考え方があります。
波は広がりがあります。例えば、その広がりの範囲で電子がAに存在する状態、Bに存在するが状態・・・状態が共存していると考えます。(多世界解釈は今度詳しく説明できればと考えています。)

確立解釈で考えますと、電子が発見される確率は波の高さの2乗に比例しています。
ですから波の一番高い位置に電子が発見される確率が高いと考えます。
しかし、その他の位置にも発見される確率がありますので、電子がBに発見される状態、電子がCに発見される状態・・・が多数共存していると考えます。

コペンハーゲン解釈では、Aで電子を観測したとすると、広がりのある波がその場所だけに瞬間的に集中した波(波の収縮)になると考えます。
そして他の可能性BやCで発見される状態の波を人為的に切って捨てます。

しかし多世界解釈は素粒子が波としてふるまうのであれば、素粒子から構成されている物質も波としてあつかうとする考えです。
ミクロの世界だけでなくマクロの世界も波として考えた場合、どのような世界観が構築できるのでしょうか。

その前に電子の不思議な現象を書きますと(詳しく内容は今度の機会に書く予定)
2つの電子が波として干渉しながら強めあったり弱めあったりするのは理解できますが、1つの電子が干渉するという現象がおきます。
スリット実験.png

電子を後ろのスクリーンに向けて打ち込む実験ですが、電子の発射口とスクリーンの間にダブルスリットが置かれています。
電子を打ち続けると後ろのスクリーンに干渉縞が現れますが、これが電子の波動性の証明になります。

しかしこの干渉縞が一つの電子でもおきるということはどのような意味があるのでしょうか。
多世界解釈では、1つの電子が右のスリットを通ったという歴史と左のスリットを通ったという歴史が共存してスクリーンのある地点で干渉したと考えます。

多世界解釈では電子も測定器も人間もすべて一つのセットとして考えます。
コペンハーゲン解釈では、観測者の立場は電子を現す状態とは分離して考えます。観測者は共存する多数の電子の状態のなかから1つを選び出します。

多世界解釈はミクロの電子もマクロの観測器や人間もすべてセットで(波動として)考えます。
ミクロの電子レベルであれば、右を通過した電子の歴史と左を通過した電子の歴史がスクリーンで干渉(お互いに影響しあう)します。つまり右と左の違いがあってもミクロのレベルでは修復ができると考えます。しかし、これがマクロのレベルで測定器を通して人間が観測した時点で世界が枝分かれしていきます。
ミクロレベルに多数の原子で構成されているマクロの測定器等が関与すると違った痕跡が残されてしまい、他の世界とは無関係に独立した状態で進行していきます。
多世界解釈はすべてをセットとして考えますので、マクロレベルで歴史の経路に違った痕跡が残ってしまうと、その時点で世界が分離し、独立してお互いに影響しなくなります。

例えば地球の歴史で考えてみますと、地球が誕生した時点では、波の広がりの可能性として地球がAにある状態、Bにある状態・・・が共存して干渉(影響)しています。
私達が住んでいる地球の歴史は太陽の法によりますと、ある時代にゼータ星からレプタリアンを招来します。また何億年前にオリオン座から人類を招来します。

ところがBという地球にはレプタリアンは言うこと聞かないから、レプタリアンの代わりにプレアデス星から人類を招来したとすると、私達が住む地球とBの地球における歴史に違う痕跡をのこしたことになり、私達の住む地球とBの地球は干渉しなくなり、お互いに全く無関係の独立した地球になります。

多世界解釈は電子、測定器、人間すべてが同じ状態になっていなければ、異なった過去を持っている複数の地球が干渉をおこすことがないと考えます。
観測者自身が複数の状態の外に立ち、1つの状態を取り出すのではなく、観測者自身が各状態の中にいると考えますので、他の状態(地球)を見ることができません

結論
地球は霊的な各次元における磁場を形成していると同時に、複数の地球が影響することなく独立して存在している可能性を考えてみました。
もし私達の住む地球の各次元における霊的磁場を創造し、更に複数あるかもしれない地球を観察しながら、人類を導く存在がいるとしたら、その方は人間でなく、神でもなく宇宙の救世主であるでしょう。

霊界における各次元の秩序を決め、並行する地球をも同時に指導している存在とは誰でしょうか。
答えは主・エルカンターレです。
ですから、肉の目で見て総裁先生を批判する人がいるようですが、私は善意でやめたほうがよいと忠告しておきます。








ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 17:02 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反(裏)宇宙とパラレルワールドは違う存在形式 【再掲】

反(裏)宇宙とパラレルワールドは違う存在形式

ある基本的な現象の存在が確実にあれば、必ずそれに対する反対の現象が存在します。
宇宙にはバランスの法則、あるいは作用・反作用の法則が働いています。
宇宙はどのように発生したかを考えるとき、必ず宇宙の存在をあらしめるエネルギーがあるはずです。

宇宙が発生するに先だって、超高次元のエネルギーが存在していたと仮定します。
超高次元エネルギーの圧力がゼロの場合、現象は皆無で変化はありません。
しかし、エネルギーは流動的で均質状態を永く保つことができません。

例えば、高気圧と低気圧の発生を考えてみます。
空気は分子で出来ています。太陽光で温められた分子は、熱エネルギーが分子の運動エネルギーに変換されて動きが活発になり、お互いに離れようとして膨張します。
膨張した空気内では、単位体積あたりの分子の数が少なくなりますので、密度が小さくなります。
反対に、空気が冷えてきますと、分子の活動が不活発になり収縮しますので、自然に密度が大きくなります。
密度が高くなり、あるいは低くなることで空気の対流現象が発生します。
空気が温められ軽くなれば、それだけ密度が小さくなり、その結果圧力が低くなりますから低気圧になります。
反対に空気が冷えて重くなれば高気圧になります。

image02.jpg

image01.jpg

【高気圧】
空気が多く集まる高気圧から、少ないほうに空気が流れだします。
中心から外に向かって、風が時計回りに回転します。
空気が少ない方に向かって流れだし、上方から空気が流れだします(下降気流)
【低気圧】
空気が少ない低気圧に向かって、まわりから空気が入り込んできます。
外から中心に向かって、風が反時計まわりに吹き込んできます。
空気がどんどん流れ込み、行き場がなくなった空気は上昇していきます(上昇気流)

超高次元エネルギーも流動的で、やがてアンバランスになり、低圧部と高圧部が発生します。
低圧部の低圧が消滅に向うとき渦動(渦)が生じます。
この渦により、超高次元エネルギーが動かされると反作用で電磁波(光)が発生します。
この電磁波が宇宙に初めて発生したエネルギーであると考えます。
この渦の最外殻が宇宙の大きさを表現しています。この渦はあまりにも大きいので、この渦の中にいくつもの渦が発生します。それがアンドロメダ星雲であったり、銀河系であったりします。
(ですから、私自身の考え方としてビックバンの理論を取りません。宇宙の一点が爆発して、宇宙が形成されたとは考えにくいと思えます。)

正宇宙の渦の回転方向が反時計まわりであるならば、高圧帯の渦の方向は時計回りであると推測します。
上記の図で示すように、低気圧と高気圧では回転方向が反対になっています。

正宇宙を構成ずる超高次元エネルギーの渦が反時計回りであるならば、反宇宙を構成する超高次元エネルギーの渦は時計回りであるはずです。
高圧部の高圧が消滅に向かう時、低圧部と反対方向の渦が形成され、それが反宇宙を創造しています。

正宇宙も反宇宙も共に超高次元エネルギーによって構成されていますが、回転方向に違いにより、正と反に別れて存在しています。

正宇宙も反宇宙も元々は同じエネルギーですので、似たような宇宙を形成していると思えますが、高気圧と低気圧が交わらないように、正宇宙も反宇宙もお互いに影響を与えることなく、独立して存在しているはずです。
(例外として考えられるのは、正宇宙にある星に地獄という霊的磁場が形成されると、そこを足場として裏宇宙から波長同通の法則を利用して影響を与えることができるかもしれません。)

正宇宙と反宇宙は、発生時点ですでに、独立して存在しています。

パラレルワールドは、素粒子が波としてふるまうのであれば、素粒子から構成されている物質も波としてあつかうとする考えです。

存在する可能性がある数だけの世界が、同時に同一空間を共有して存在しますが、ある時点を境に枝分かれしていき、それぞれの世界はお互いに干渉しないで違った未来に向かって進んでいきます。

多世界解釈はミクロの電子もマクロの観測器や人間もすべてセットで(波動として)考えます。
ミクロレベルに多数の原子で構成されているマクロの測定器等が関与すると違った痕跡が残されてしまい、他の世界とは無関係に独立した状態で進行していきます。
多世界解釈はすべてをセットとして考えますので、マクロレベルで歴史の経路に違った痕跡が残ってしまうと、その時点で世界が分離し、独立してお互いに影響しなくなります。

しかし、並行宇宙あるいは多世界が重なりあって、お互いに干渉することなく分離して存在していたとしても、私達の存在する正の宇宙内の出来事です。

反宇宙は創造から違った宇宙を構成しますが、パラレルワールドは正の宇宙で途中から枝分かれした世界ですので、基本的にはわけて考えるべきだと自分は考えます。







ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 16:23 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする