2018年07月04日

エル・カンターレの法が説かれる前に魂の御兄弟が説かれた教えを学ぶ必要性 仏教

エル・カンターレの法が説かれる前に魂の御兄弟が説かれた教えを学ぶ必要性 仏教

エル・カンターレの法が説かれる前に、魂の御兄弟が説かれた教えを学んでおく必要があると思います。
既に「トス神」「リエントアールクラウド」「ヘルメス神」「オフェアリス神」「仏陀」の教えは説かれています。

仏の教えである仏法は、現代まで伝わっているので、仏教の基本教義とは何かをもう一度整理しておきたいと思います。

基本的に仏教の修行は自力論であり、戒・定・慧の三学であると言われています。
戒律を守る過程で自分の日常生活の在り方を律していきながら、禅定を通して自分の心を落ち着け、霊天上界との交流をはかり、智慧を得る。
戒も定も最終的には智慧を得ることが目的であり、この世的な束縛やとらわれから自由になり解脱をすることが仏教の一つの目的であると思えます。

真実の自由とは実在界のおける価値観を体現した自由であり、自分が解脱したことを自己認識する解脱知見があるといわれています。


この地上は相対的な世界であり、相互依存的にお互いの関係で成り立っています。
ですから、自らなる性質のものはないといえます(無自性)。

ナーガールジュナは『中論』で相互依存の関係を以下のように述べています。
『淨と不浄とがそれぞれ自身の本質(自性)を持つならば淨は不浄を離れても存在し、不浄とは淨とは独立に不浄として存在するであろう。しかし、淨も不浄も自然的存在のありかたであるから、独立に存在することは不可能である。』
両者は互いに無関係ではありえず、互いに他を予想して存在しています。
淨は不浄によって淨であり、不浄は淨によって不浄である。
したがって両者は独立には存在しているわけではありません。
すべては他を前提にして相互依存の関係で成立しています。

また、私達は感覚器官を通して物質的なものを実体があると思っています。
しかし、実体性はしょせん限定されたものにすぎません。
未来永劫続いていくようなものは地上においてはないのです。

ある限られた時間の間に存在するだけです。
どこまでも限られた意味において実在するのであり、すべての存在には滅びが内包されています。
霊的世界こそ実体であり永続性があるといえます。

仏教の根本命題は「上求菩提・下化衆生」であり自分の悟りが高まるほど救済力が高くなり、影響力も増してくると教わっています。

仏陀の教えは合理的であると同時に、慈悲を非常に大切なものと考えています。
人に対する優しい気持ちがなければ、仏法を学んでも自分本位の独りよがりの理解になり、相手を傷つけることになるでしょう。

人に対する優しい気持ちを持つためには、神や仏を信じることです。
信仰心をもつことで、人に対する優しい気持ちを養うことが出来ると思えます。

また、仏陀は非常に合理的でもあるといわれています。
仏典には伝道に関して次のようなことが書かれています。
「尊い方!尊師は教え(真理)をお説きください。幸ある人は教えをお説きください。この世には生まれつき汚れの少ない人々がおります。かれらは、教えを聞かなければ退歩しますが、[聞けば]真理を悟る者となりましょう」

伝道する対象を選別しています。基本的には全ての人が救いの対象なのでしょうが、優先順位をつけて、合理的に伝道の対象者を絞り、救える人から救っていくという方向性を打ち出しています。

このように仏陀の教えは、霊的であると同時に合理的であり、自力であると同時に他力的でもあります。
二律背反する二つのベクトルを融合することに教えの本質があると考えます。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:39 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

波長同通の法則と一念三千論 心の力と働きを理解する

波長同通の法則と一念三千論 心の力と働きを理解する

天台智は波長同通の法則を、『一念三千論』として結実させました。
一念三千論は天台宗の根本教説です。

心の法則には、思いの傾向性、思いの周波数が同じ者同士相互に作用し影響しあうというものがあります。

天台智は心で思う思考内容が地上だけではなく、霊界にも影響を与えることを知っていたのでしょう。
以下に一年三千論をまとめます。

一念三千論
法華経を勉強するにあたって大切な考え方として十如是があります。
十如是とは、「如是相」・「如是性」・「如是体」・「如是力」・「如是作」・「如是因」・「如是縁」・「如是果」・「如是報」・「如是本末究竟等」の十個があり、この世のあらゆるものはこの十種類をみれば違いが分かるという意味です。

如是相とは、外に現れる様相、外見です。優しそうだとか冷たそうであるといった外見です。

如是性とは、その人に備わった性質、性格です。勤勉であるとか努力家であるとか、その人の性格を表しています。

如是体とは、どんな身体、体つきでしょうか。スポーツ向きの体型なのか、やせ型か標準タイプか肥満型なのか、体型等の違いです。

如是力とは、潜在能力で、どのような潜在的な力を持っているか。

如是作とは、それが外にたいして現れる作用、どんな作用を表しているか。

如是因とは、ものの生起を導く直接原因で、その人はどのような原因行為をしているか。

如是縁とは、その原因行為を補助するための条件。

如是果とは、原因と条件によって導かれた結果。

如是報とは、その結果に対しての報い。

如是本末究竟等とは、如是相から如是報までがすべて関連している、関係し合っているということです。

この十種類を観察することで、あなたはこのような人です。あるいは他の人とのちがいがわかるという考えです。

十界互具説
人間が地上に生まれてくる前にいた霊的世界があります。
基本的には霊界に上がらなければ、地上に生まれ変わってくることができないので、霊界において永い時間、滞在していた場所という意味になるかと思います。

「地獄」・「餓鬼」・「畜生」・「阿修羅」・「人間」・「天上」・「声聞」・「縁覚」・「菩薩」・「仏」の十種類に世界を分類します。
地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上の六道が欲界の世界であり、欲望から十分に逃れていない人間が転生する世界という考えです。
感情のままに怒りまくれば「地獄」に通じます。また、ある物に対して強い執着を持てば「餓鬼」に通じます。人間の尊厳を忘れ、肉体に基づく欲望のままに生きれば「畜生」の世界に入り、闘争と破壊に生きれば「阿修羅」になります。

「人間」とは平均的人間で、「天上」はちょっとすぐれた人間を現わしていると考えます。

「声聞」は仏陀の説法を聞いて勉強している人で「縁覚」は独りで修行を続けているような人です。

「菩薩」は人助けや人を救うことに邁進しているような人です。
そして、菩薩の五十二段界を超えたら「仏」になれるといわれています。

このどこかの世界に、自分自身の魂の出自があるという考えです。
この十種類の心の在り方は、地上に生まれてきた人間にも十種類の思いを出すことができることを意味しています。

菩薩の心であったとしても、何かのきっかけで怒りがこみあげてくれば、やはり心境は地獄に通じてしまいます。
また、菩薩の行為をするといっても、菩薩が菩薩の行為をするのと、仏が菩薩の行為をするのと、地獄から抜け出してやっと霊界に帰ることができた人が瞬間的に菩薩の行為をするのとでは、やはり違いがあると思います。

現在の表面的な思いだけで判断するのでなく、裏側(霊界)も含めた両面からチェックしていく考えです。

もともとあの世の素性が十種類あり、この地上に出てからの心境に十種類。十種類の人がそれぞれに十種類の心の出し方ができるので十界掛ける十界で百界となります。
この百種類の心境に十如是の思想を掛け合わせると、百界掛ける十如是で千になり、これを「百界千如」といいます。

さらに人間が百種類の思いをだす活動の場として、三種類の世界「三種世間」があります。

一番目は「衆生世間」で人間の世界です。
老若男女の違いでも、物事のとらえ方考え方が違うであろうし、20代と40代でも考え方が違うことでしょう。学生と社会人でも、同じ社会にいながら考え方はずいぶん違うと思います。

二番目は「五陰世間」です。
人間を作っている要素を五陰といって「色」・「受」・「想」・「行」・「識」といわれています。
「色」は肉体で、「受」は感受作用、「想」は想い。「行」は行為をするための意思であり、「識」は認識力の識です。
このどの部分を使うかによって対象に対しての知覚内容が違ってくると考えます。

三番目は「国土世間」です。共産主義と自由の国、軍事独裁政権の国ではやはり物事の考え方が違うであろうし、日本やアメリカ、フランス等、国の違いによっても物事のとらえ方や考え方が全然違うでしょう。
文化や教育も違いますから、物事に対しての認識の仕方も違うと思います。

「百界千如」に「三種世間」を掛けると「三千種世間」となり一念三千論が成立します。

心の働きは、波長同通の法則だけではなく、創造する力も内在されています。
心の中で一定の期間イメージしたことは具現化してくるといわれています。
想像的なことが創造的な方向に動いていくことになります。

また、色心不二といわれるように、心と身体は非常に親密な関係にあり相互に影響しあっています。
体調が悪いと良い思いを出すことが難しく、身体を壊せば心にも影響します。
また、心が病めば肉体も病んできます。

心の状態によって体調も左右されます。

心の力と働きを理解しながら人生をわたっていくことが一つの悟りの在り方ではないかと思います。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:32 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする