2017年08月09日

共産主義国家から日本国民の信仰・自由・生命・財産・権利を守るためにも防衛力強化へ

共産主義国家から日本国民の信仰・自由・生命・財産・権利を守るためにも防衛力強化へ


左翼を平和勢力と考えているのは日本人だけです。
共産主義の一党独裁主義の場合、軍事と一体になっていると言えます。

共産主義、社会主義を平和勢力と考える左翼系の人達は、学生時代にマルクス主義を勉強した人たちでしょう。
共産主義が世界に半分まで広がった理由はいくつかあると思います。
宗教と共通するところもあると思いますが、一つは、邪見に染まると正しい判断ができないということです。
共産主義の宣伝で歪められた見解を正すのは難しいことでないかもしれませんが、それよりも間違ったものの見方をする人たちを適正な正しい考え方に戻すほうがはるかに難しいことです。
第一印象が残っていて、それが偏見になっているからです。

1916年度にゴンクール賞を受けたアンリ・バルビュスは1928年に『すばらしきグルジア』という本を書いて、金のためにスターリン体制を褒めたたえました。
しかし、この本になかには、1921年にスターリンとその手下のオルジョニキッゼがグルジアで大量虐殺を行ったことなど書かれていません。

共産主義の宣伝に対して、西側諸国は長いあいだ例外的な盲目ぶりを示してきました。
この盲目ぶりは、共産主義と左翼の人達を、正当化してしまいました。
民主主義諸国では、政治的社会的な対立が生じているのに、社会主義国家では、ユートピアが現実になっていると信じられていたのです。
共産主義はその明るい面だけを見せていました。
それは、啓蒙であり、社会的人間的な開放の伝統であり「真の平等」とグラックス・バブーフが最初に言った「万人の幸福」でした。
そして、この明るい面が、共産主義の闇の面をほとんど完全に隠蔽することになります。

共産主義の実態とは、いかなるものでしょうか。
共産主義体制は、自分たちの権力を確立するために大量殺人を統治システムにまで高めました。

共産主義が犯してきた犯罪は数えきれないほどです。
スターリンは、大量虐殺、粛清はもとよりモスクワにあるいくつかの教会を破壊しました。

共産主義黒書 〈ソ連篇〉参照


北朝鮮や中国には日本のような平和主義は通じません。
中国のような国際法が通じない国、北朝鮮のように狂った国に対しては、国を防衛するための軍事力は最低限必要なものです。

全体主義の基本的考え方はすべてを「否定」することです。
自分は何をするということは言わずに、すべてを否定します。
全体主義の唯一の綱領は否定であるといわれています。

共産主義者のように日本国を防衛するための軍事力を否定する人は、共産主義の得意な粛清を適用してもいいのではないかと思えます。
共産主義は言論の自由も統制されているはずなのに、共産党は言論の自由だけが民主主義というのもおかしな話です。


どうしても憲法が邪魔して、防衛力を強化できなければ、ナポレオンが述べているように、「祖国を救う者はいかなる法律を犯しても法律を犯したことにならない」という言葉を適用したいと思えます。


ナポレオンは、「戦争においては,天才とは事実の中で思索することである。」と述べていますが、この定義から考えてみますと、私が知らないだけかもしれませんが、日本には戦争における天才はいないことになります。

全体主義は、信仰の自由を奪うものです。
それは必然的に、神や仏を信じていない人間機械論の世界観です。
神や仏を否定する全体主義を地球上からなくさなければなりません。

最後に信仰心について、ゲーテは「ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代」の中で次のようなことを書いています。
『生まれよい健康な子供は多くのものを具えています。自然はすべての人に、一生の間必要とするすべての物を与えました。これを発展させるのが私たちの義務です。〜しかし、ただ一つ持って生まれてこないものがあります。しかも、それこそが人間があらゆる方面にかけて人間であるためには、最も大切なものです。・・・それを見つけることが出来るなら言ってごらんなさい。
「畏敬です。」これはすべての人にかけています。たぶんあなたご自身も‥』

神や仏の存在を否定する勢力とは徹底的に戦わなければなりません。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 18:20 | Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

『人類の選択』主を信じるか悪魔を信じるか1999年の危機と予言されていた21世紀の人類の危機 その2

『人類の選択』主を信じるか悪魔を信じるか1999年の危機と予言されていた21世紀の人類の危機 その2


1990年代の東京ドームの講演会は、ノストラダムスの大予言による世紀末思想があり、人類の危機を乗り越えるための幸福の科学が果たすべき役割、あるいは方向性が説かれた講演会でもあったと思います。

東京ドーム(エル・カンターレ聖夜祭)ネオ・ジャパニーズドリームでは、アトランティス陥没の原因と現代の時代が酷似している点を指摘されています。
アトランティスは科学文明が非常に進んだ文明であり、ある意味で現代の科学をも凌駕している部分もあるほどの優れた文明でありました。
経済においても高度な原理を有していたと思います。
しかし、大多数のアトランティス人は高度な政治経済、あるいは科学文明に驕ってしまい神仏を軽視してしまいました。
更に困った問題として、当時、ベリアルと言われた悪魔の存在を神だと信じ、超能力信仰をし、人々を狂気に陥れてしまう誤てる邪教もあったと思います。

ベリアルとはベルゼベフであり、イエス様を四十日四十夜試みに遭わせた悪魔です。
このような存在を信仰したら、最後です。
日本は、ある意味で経済至上主義、唯物論が蔓延していますから、ベリアルを無意識に信仰しているのと同じであると言えるかもしれません。

しかし、救いの可能性として、主を信じ幸福の科学の教えを信じる人百人いれば、その地域には壊滅的天変地異は起きないと述べられました。
現在の日本の状況では、天変地異がおきてもおかしくないほどの悪想念が蔓延しているのかもしれませんが、信者が増え続けることによって天変地異がおきたとしても壊滅的なとこまではいかないと言われています。

更に異次元旅行(東京ドームご生誕祭)では宇宙人の存在を明確にされました。
現在は、宇宙人リーディングをされ、宇宙人の多様性、宇宙人の価値観の違いなどを明らかにされていますが、その前段階として、宇宙人の存在を述べられていました。
そして、宇宙協定について初めて明かされた講演会であったと思います。
「その星のなかで人々が、愛し合い、調和し合い、建設的に生きているあいだは、他の惑星の人間はその文明に介入してはならない。
介入が許される唯一の例外は、その惑星に住む人たちが、みずからの手によって文明を破壊させようとしているときだけです」
その時は、善良なる宇宙人も介入してきますが、悪なる宇宙人も介入してくるので警戒する必要があるというものです。

更に現代の北朝鮮や中国の問題に関しても言及されています。

結論を先に述べますが、社会主義国家は亡びていく以外に道はありません。
唯物論が支配し、人々の信仰を抑圧する国家体制、言論の自由もなく報道の自由もない社会主義国家は崩壊していきます。
しかし、それは結果であって過程を意味していません。
中国経済は破局が訪れる可能性があり、それは、最近書店で売られている中国の実情を書いた書籍など読んでみても、バブルが崩壊するという方向で一致しています。

しかし、問題は経済が破局したとき経済的利権になる地域に対して中国が触手を伸ばしていく危険です。
中国は、軍事拡張主義を続け、更に社会主義政策を続けるならば、内部分裂していく可能性を述べられています。


主は数十年前にすでに警告をされ、人類が進むべき方向を指し示していました。

主を信じるか、悪魔を信じるか、人類選択の時です。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:18 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする