2017年05月14日

色即是空・空即是色と物理学 (再掲)

色即是空・空即是色と物理学

色とは、地上的なものを表現した言葉です。
空とはどのような意味が含まれているのでしょうか。
仏光物理学の第二テーゼには、仏の光が凝集拡散することで、創造と破壊を行うことができる、といわれています。
エネルギーが一点に集中しますと、粒子としての性質が顕著になり、エネルギーが拡散しますと波動としての性質が顕著になると考えることが可能です。

あるいは、霊的世界が実体で地上的なものは、仮のものであるという解釈も成り立つと思います。
プラトン的には、地上的物質的なものはイデア(霊的世界)の影(仮の姿)であるという考え方も可能かと思います。

霊的な光エネルギーは波動性を内包しており、振動数が一定以上になると物質として顕現してきます。

これは仏教的な解釈ですが、現代的に翻訳しますと、以下のような説明も可能であると思います。


エネルギーの創成や宇宙の誕生を考えるときに、無からどのようにして、エネルギーが発生したのかを体系的に説明できなければ、その理論は不十分であると思えます。
現在、観測され測定されている数値と矛盾することなく、現在発見されている定数とも矛盾しないような理論的な仮説が必要であると考えます。

E=hν(エネルギー=プランク定数×振動数)という式がありますが、プランク定数に振動数をかけるとエネルギーの数値がでてきます。
どうして振動数(回転数)をプランク定数にかけるとエネルギーがでてくるのでしょうか。
プランク定数が生まれた経過を以下に説明します。

プランク定数の算出の経過
物理学読本より
化学反応のエネルギーは、たとえば次のようにして大体分かる。石炭1グラムが8000カロリー発熱するとして、1グラムの石炭が炭素原子6×10^22個含むとすると1原子あたりの発熱は

プランク定数算出 1.jpg

である。(h)を定数として光の粒子のエネルギーをh×振動数とする。波長3000Åとするとh×振動数を化学反応のエネルギーに等しいとして

プランク定数算出 2.jpg

h=5×10^-12/10^15〜erg・秒となる。正しい値はh=6.624×10^-27erg・秒である。プランク定数の算出過程。
算出式の検討
8×10^3は8000の書き替えであり、4.2×10^7は1カロリーをエルグ単位で表している。
8×10^3×4.2×10^7(erg)は8000カロリーを(erg)で表している。これを1グラムの中に含まれる炭素原子数6×10^22で割ったものであるから答えの5×10^-12ergは、1つの炭素原子がどれだけの仕事をするエネルギーを持っているかを表現している。
5×10^-12ergを10^15で割ったものが(h)であってそれは5×10^-27ergであるという。分母の10^15は次の計算による。 1Å=10^(-8)pであるから、3000Åは3×10^-5pである。光速は1秒間にC=3×10^10pでこれを
3×10^-5pで割れば10^15が出ます。これは波長3000Åの光の1秒間の振動数であります。

プランク定数算出 2.jpg

一つの炭素原子のエネルギーを波長3000Åの光の1秒間の振動数で割ったということは、1秒間に振動するうちの1振動(1回転)した時のエネルギーという意味になると考えます。

∴h=5×10^-27ergは1回転(振動)当たりの値であります。


次に万有引力定数について
万有引力定数G=6.670×10-11nm2kg-2=6.670×10-8ダイン㎠g-2
∴1pを隔てた質量1gの2個の球の間の引力は6.670×10-8ダインである。
物理量・万有引力定数6.673×10-8dyn・p2・g-2の1pにおける6.673×10-8ergはh×1.0070×10 19乗/sec
6.673の数値がhの6.6262に近い数値です。
これは、まったくの無関係とは考えられません。

【仮説】
上記の証明でプランク定数とは、1Hzの電圧、1振動・1回転した時に発生するエネルギーであると考えられます。
1Hzの電圧値 波動性科学 参照

基本であるプランク定数(1振動した時に発生するエネルギー)に振動した回数をかけると、エネルギー値がでます。
振動数(回転数)が多いほどエネルギーが大きいということは、素粒子の世界では半径が小さいほど回転数が多いので、エネルギーが大きいということになります。
エネルギーは振動数に比例し、大きさに反比例すると考えられます。

エネルギーを発生した分、希薄になった原子空間に流れ込むエネルギーが万有引力ではないでしょうか。

万有引力は原子に流れる求心的エネルギーの流れであり、プランク定数は遠心力的なエネルギーの発生であると考えます。
求心的エネルギー(万有引力)と発生する遠心的エネルギー(プランク定数)は等しいと思われます。

振動数とエネルギーの関係は光電効果でも説明されています。

光電効果とは、物体に光を照射したとき、物体の表面から電子を放出したり、または物体内部で電子が移動して電流が流れたり、起電力を生じたりする現象をいう。前者を外部光電効果、後者を内部光電効果といいます。物理学事典より


※宇宙創成は、どのように起こったのでしょうか。
高次元のエネルギーがバランス状態を保たれている時は、現象に変化が起きません。このバランス状態が崩れると、低圧帯と高圧帯ができます(対称性の自発的やぶれ)。
低圧帯は私たちが存在する宇宙であり、高圧帯は裏宇宙を構成していると考えます。

エネルギーは高い状態より低い状態で安定しようとするので、エネルギーが低い方向に減少していきます。エネルギーの消滅・減少は渦を発生させます。
これが、我々が認識できる宇宙に最初に発生したエネルギーであり、物質の発生であります。

高次元のエネルギーの減少が物質の変化であり、時間の発生あるいは時間の経過です。このエネルギーの減少する速度が時間の早さになります。現象の変化が激しいほど時間が早く経過します。

やがて高次元のエネルギーの渦が消滅すると、エネルギーの発生が停止し、物質が消滅して、時が停止します。

そしてまた、※にもどって同じ経過を繰り返します。

高次元のエネルギーと物質界でのエネルギーの変換が、仏教的には、色即是空・空即是色という意味であると考えます。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 21:22 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国人の本心 日本は先進国であり中国は発展途上国 個人の自由と尊厳を尊重する国を目指して 

中国人の本心 日本は先進国であり中国は発展途上国 個人の自由と尊厳を尊重する国を目指して 


どうして、日本人は日本人としての誇りを持てないでいるのでしょうか
外国の方々から見れば日本はとても良い国であると評価されています。


日本経済や外交に関して、あるいは日本人としての誇りを持てない理由は、自虐史観と左翼的な経済政策等が考えられます。

その根源をたどってみますと、一つは、マッカーサーの占領政策であり、もう一つはコミンテルンの三十二年テーゼです。

アメリカと旧ソ連は、日本という国の歴史を徹底的に否定し、日本人が自国に対して誇りを持てないよう仕向けてきました。
アメリカのマッカーサーは、東京裁判という魔女狩り裁判で、戦前の日本を全否定しています。
占領軍に対する批判をし、戦前の日本を正当に評価する行動に対して、徹底的に言論統制をかけてきました。
また、GHQの思惑に沿わない人間はすべて公職を追放、日本の教育界についても同様で東京裁判史観に追従する人間だけが残ってしまいました。
これが日本における悲劇の一つです。

もう一つの悲劇が、国際共産党組織コミンテルンが1932年、日本共産党に発したテーゼです。
これは明治維新以降、日本の歴史が徹底的に批判された内容のようです。
日本左翼はこれを金科玉条として受け入れています。

旧ソ連のスターリンは、日露戦争の敗北を屈辱に覚え、日本人に対して徹底的に嫌悪感を抱いていたようです。
現にスターリンは戦後、日ソ中立条約を破って満州に攻め込んだのは、「日露戦争の復讐だ」と述べています。渡部昇一氏参照。

上記の日露戦争に関して言えば、明治時代の日本人は、外国からの借金で日露戦争を戦いました。
日露戦争をするにあたって当時の日本には、戦争を遂行するだけの資金がなく、高橋是清がヨーロッパを駆けずり回って、外債を募集し戦費を集めました。
明治時代の日本人は、資金がなくとも国防のために、一生懸命努力してきました。
当時の日本人は、国防に関して、それほど強い危機感を持っていました。
「このままでは、日本は滅んでしまう。バルチック艦隊がウラジオストックに入ってきたら、日本は終わりだ」という思いを抱いていました。
日本は、国力が何倍もあるロシアと戦い判定勝ちをしました。
もし、戦争が長引けば負けていたかもしれません。



現在、中国人の多くが日本に訪れています。
中国人の中には日本に訪れて、やはり、日本は先進国であり、中国は発展途上国であると実感するも多いようです。

ある中国人は羽田空港でチェックインの際に荷物が重量超過していたことに気づきましたが、航空会社のスタッフは親切にも超過料金が発生しないように荷物を分類してくれたという経験をしました。
この中国人は北京に戻った際、空港職員は空港利用客が困っていても「まったく手を貸そうとしない」光景を目にした時に、「日本はやはり先進国で、中国はやはり開発途上国に過ぎない」と実感したようです。
更に、自転車の盗難にあったという大阪在住の中国人の話ですが、盗難から数カ月が経過したある日、警察から連絡があり、自転車を取り戻すことができたという経験です。
この中国人は防犯登録をしていたといいますが、防犯登録の番号が分からなくなっていたため半ば諦めていたとのことです。
警察が自転車の色や形、購入した期日や場所などから防犯登録の番号を割り出し、自転車を取り戻してくれたとのことです。
「社会全体から見ると、自転車など取るに足らないことに見えますが、その取るに足らないことすらこれほどの保障が提供されている日本は、まさに先進国であることを証明している」と伝えています。

これらは、一個人に対しての尊厳を認め、思いやりの心を表していると思えます。
中国は政治的に全体主義ですから、個人の自由や尊厳を守るという考えはなく、国の為なら個人など犠牲になって当然という考え方なのでしょう。
ですから、日本に訪れた中国人の中には、中国と日本の違いにショックを受ける人も多いようで、経済規模や経済指標では測れない、日本としてのあるいは社会としての成熟度を感じ取っているようです。

中国は自由経済が勝つか、統制政治が勝つかというところだと思いますが、今後、情報化社会がさらに発展することによって中国共産党が崩壊し、神仏を否定する唯物論的考えが否定され、自由が訪れることを願ってやみません。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:55 | Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする