2017年11月14日

霊界と哲学のはざまで

霊界と哲学のはざまで

『視霊者の夢』という本を題材にしてスウェーデンボルグに対してカントがどのように考えていたのかを観察しながら、現代に関しても霊的世界を認識できない、あるいは客観的ではないので学問的対象から除外する、証拠がないという理由で霊界を否定する人達に対して、霊的世界や魂の本質を伝えるきっかけがつかめればと考え、わかる範囲で考察してみようと思います。

カントやスウェーデンボルグ以外にも歴史上、思想的な対決がありました。ソクラテスとソフィストたち、ヘーゲルとショーペンハウアーなどです。

スウェーデンボルグは数学や鉱物学を学びスウェーデン国の鉱山局の技師をつとめ、その後、数十年にわたって貴族院議員として政界で活動しました。その一方、科学者、発明家としても大きな業績を残した方です。

1766年カントは、『視霊者の夢』を刊行し、スウェーデンボルグとの対決する姿勢を明らかにしました。
カントの結論は、人間は霊魂や霊界との交流に関する空想、夢想を退け、むしろ現実の生活にまじめに取り組むべきだという結論に至りました。
『視霊者の夢』の末尾には、「…あの世におけるわれわれの運命は、おそらくわれわれがこの世におけるおのれの立場を、いかにたもっていくかということにかかっているらしく思われることからしても・・・・多くの無駄な学問論争のあと最後に言わせた『われわれはおのれの幸福の心配をしよう。庭に行って働こうではないか』という言葉をもって閉じることにある」と述べています。

『純粋理性批判』を書いたカントの立場からすれば、霊魂や霊的世界のように、経験をこえた世界に関して認めてしまうと、カント哲学の崩壊を意味することになります。

カントは、感性による直観によって対象を観察し、人間精神に宿る概念によって対象を認識することができると述べていたと思います。

カントの概念とは、対象を認識するための枠組み、あるいは思考するための規定であり、まず経験がなければ概念で対象を認識することができないという立場です。
また、カントのいう概念によって認識できるものとは、現象として現れた部分のみ、感覚器官により経験が確認できる範囲のものに限定されています。
つまり物の本質ではなく、あくまでも五感を通して確認できる本質の一部、現象部分のみである。と『純粋理性批判』では、いわれていたと思います。

つまり、霊的世界とは経験をこえたところにあり、概念で照らす以前の話になるので、物事を認識することができないという結論になるため、100%信じるというところまではいけなかったのではないかとおもいます。
・・・かといって全面否定をしているわけでもありません。
文書にこのようなことが書かれている箇所がありました。
「わたしとしては、この世に非物質的存在があると主張し、わたしの魂もこうした存在のクラスに入れておきたいという気持ちになっている」と述べています。
完全否定するのではなく認めたいという気持ちをどこかに持っていたかもしれません。

しかし反面では、「将来人々は、たしかに霊について、いろいろと考えはするであろうが、もはや多くを知ることはできないだろといっておきたい。」とも述べています。

しかし、カントの哲学を理由に、霊的存在を否定するということは、「キリスト教」「仏教」「イスラム教」を否定していることにつながります。

唯物論的考え方は、現在でも過去の歴史の中でもある考え方ではありますが、真実は一つであり、霊的世界が本来の世界であることは、必ず証明されると確信しています。

更にカントは言います。
「重要なのは常に道徳性である。これこそわれわれが護持せねばならぬ聖なるもの、侵しがたいものであり、さらにこれこそすべてのわれわれの思弁と探求の基礎であり目的である」と述べています。

この点は難しい議論でありますが、仏教で説かれているように人間の感覚器官は不完全なものであり、五感とその対象、その関係の認識によって人間は自分自身や世界観を構築しています。
しかし、感覚器官が不完全なものである以上、霊的存在が経験的に見ることができなくとも否定する根拠にはならないと思います。

スウェーデンボルグは「全人類はひとしく霊界と密接に結びついているが、ただ彼らはあまりにも粗雑であるために感じないということだ」とのべたうえで、「人間の記憶を内的記憶と外的記憶にわけ、外的記憶をこの世のもの、内的記憶をあの世のもとする。この内的記憶のなかに、外的記憶から消滅したものがすべて保存されている。死後、かつてその人間の魂のなかに去来したものすべてが、すなわち,おかした罪やなされた美徳のすべての完全な追想が出現する」
と言われていますが、ルドルフ・シュタイナーも人間の地上での記憶は死後、忘れ去られていくが、経験を通して得られた力や、精神性などは魂の記憶として来世に持っていくことができると書かれていたと思います。

最後にカントは言います。「肉体的存在はけっしておのれの自存性をもっているわけでなく、ひたすら霊界によってなりたっているとのスウェーデンボルグの考えに同調している。
物質的事物の認識は2種類の意味をもっている。一方は、物質相互の関係における外的意味であり、他方は、原因である霊界の作用として物質的事物が表わされる場合の内的意味である。この内的意味は、人間には知られていない。そこで、スウェーデンボルグはこれを人間に知らせねばならなかった。この点におのれの使命があると彼は思っていた。」

つまり、カントとスウェーデンボルグの役割がちがっていただけであり、平面的に見ると対立しているように思えます。
しかし、正・反・合である弁証法によって統合していく観点が必要であると思います。

私は、哲学も最初から霊的世界を否定せずに、霊界は存在し人間の本質とは肉体ではなく肉体に宿る魂であるという観点で理論を組み立てていく必要があると考えます。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:50 | Comment(0) | 哲学的認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

宗教的霊能力を高めるには幅広い関心と深い認識力が必要です

宗教的霊能力を高めるには幅広い関心と深い認識力が必要です

霊能力があるという人は、世界中に数多くいるかもしれません。
しかし、その霊能力が宗教性にまで高めることができる人は、数少ないと思います。

霊的能力が神から降ろされているのかどうかを見極めるために、古来より三つの証明が必要とされていました。真実の神の使者であることの証明として三つのことを中心に教えています。
『文証』『理証』『現証』の三つです。
文証とは、文で書いたものの中に法としての種が充分に埋め込まれていること。

理証とは、神の創造された宇宙を貫く法則を証明することです。
神のつくられた世界を科学的に証明するということです。

現証とは、霊的現象を目で見たり聞いたり感じたりすることです。霊的現象を感覚器官によって確認することで神の使者であるということの信用度が高まります。

文証、理証、現証が必要とされていますが、教えを説かれる人の性格によって比重の違いがあるとは思います。
しかし、正しい宗教指導者であれば、必ず三つの証明が必要とされてきました。

巷に存在する霊能者と宗教的霊能力を有する指導者の違いを見分ける判断材料は三つの証明という観点から判断できます。

霊的能力が身に及んで、それが通常の人達と違うという意味で慢心するようでは問題外でありますが、開花された霊能力の下支えになってくるのが、幅広い関心と深い認識力であると考えます。

人間に個性がある以上、好き嫌い、得意不得意の分野はあると思います。
自分が不得意の領域、関心がないことに関してはインスピレーションがたとえ降りてきたとしても受け止める器がありませんから、霊能力に限界が生じてしまいます。

知識として知っていなければ霊的能力を生かし切ることができません。
科学者の指導霊からインスピレーションが降ろされたとしても、科学に関心がなく知識として知っていなければ自分の認識にまで到達することができません。

哲学に関心がなければ、哲学者の指導霊からインスピレーションがたとえ降ろされたとしても受け止めきれないでしょう。

政治経済や芸術関係にしても知識と経験がなければ、やはり自分の認識になることはありません。
また、宗教を学んだとしてもその知識が間違いであり、あるいは邪教団であった場合には、地下の世界から指導が入るかもしれません。


ですから霊的能力を最大限に生かすためには、人間としての努力が必要であるということになります。
自分の関心領域を超えて日々学び、実践を通して努力精進することによって、霊的能力がさらに高まっていくのではないかと思います。

自分で努力をしない考えることもしない人には、常識的に考えても高級霊からの指導はないと考えて間違いないと思います。






ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:02 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする