2018年01月19日

奴隷憲法改正 自滅憲法9条改正 国益を守るためのスパイ防止法賛成

奴隷憲法改正 自滅憲法9条改正 国益を守るためのスパイ防止法賛成

いかなる憲法であっても不備があり、時代性にそぐわなければ国民の幸せのために、改正すべき時は、きちんと手続きを踏んで改正しなければいけません。

憲法とはどのようにあるべきか、憲法の理念とは如何にあるべきか
「人間は魂を持った精神的存在です。ですから憲法のなかに、国民を鼓舞し、精神的高みに導いていくようなものがなければなりません。
神も仏も否定し、あの世も霊的存在も否定し、人間機械論のような思想のもとで、この世的生存のみを目的とした国家運営を考える憲法は認めることができません。」
日本においては、優れた宗教指導者が政治家であるべきです。
なぜなら国民の幸福を、霊的世界観(精神的な充足)と地上的な幸せを内包した国家を実現してくれるからです。

日本は民主主義と言いながら、その実態は社会主義です。ハンナ・アーレントからみたら日本は大きな政府にみえることでしょう。
消費税増税、所得税、社会福祉といわれる名前を変えた税、経済を発展させる方向での政策を考えるより先に、国民から税金を取ることを最優先しています。
大きな政府は、自由が抑圧される全体主義につながっていきますので、国民は幸せを感じることがないでしょう。


日本の歴史は現在確認されている範囲を超えて、遥かに古い歴史を有しています。
日本は日本人だけが住んでいるわけではなく、霊天上界には神々が存在しているわけです。
しっかりとした防衛軍を組織しなければ、日本が世界地図から消えてしまった場合、高天原も消えてしまう可能性があります。

日本国憲法はマッカーサーが占領政策の一環として作らせたものです。占領政策でありますから、マッカーサーは日本人がこれに異論を唱えることを許しませんでした。
この占領政策に基づいて作られた憲法を後生大事に受け継いだのが反日左翼です。

日本国憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」という文言があります。

ここで言う「諸国民」とは、北朝鮮や中国、韓国も含まれているでしょう。
中国、北朝鮮、韓国は公正と信義を信頼できませんので、前提条件がくずれています。
前提条件をクリヤーできない国家に対しては、憲法9条の適用対象外にすべきです。
そして、中国や北朝鮮より強力な武器(核兵器含む)を保持し、反撃態勢を構築するべきです。
それでこそ、日本の平和と安全を保持できると思います。


更に、日本の弱点は、スパイに対してはほとんど無防備であるという点です。

トランプ大統領の自伝に書いてありますが、中国に企業秘密を盗まれ、中国は数十億の研究費用を節約し、年月をかけずに新製品を市場に投入されたと述べています。
つまり、多くの人達の苦労と努力が、何の苦労も努力もしない中国に盗まれ、商品を先に市場に出されて、利益を得ているということです。

わかりやすくブログ村でたとえるならば、人が努力し勉強して得た知識に基づいて書いた記事を、まったく努力しないブロガーが、相手の許可を得ずに勝手にコピペして、情報を流してポイントだけ得ているということです。
自分はみんなに情報を流していい気分に浸っているのでしょうが、コピペ(盗まれた)された方の努力を、何も努力しない人が奪って成果だけを自分が得ているということです。
これを国単位でやっているのが中国ということになります。

そして中国は知的財産権や特許権を無視し、注意されても自分の利益のためなら、相手が努力して開発した商品をいとも簡単に盗み海賊版を安く売って自分の利益を得ています。
これは、本人が悪いことをしているという自覚がなく、むしろ、情報を提供している自分は正しいと誤認していることが特徴です。

ということでスパイ防止法を憲法で設定するべきだと思います。
むろん、いろんな条件が出てくるでしょうから、その都度、検討する必要性はあると思います。

他国の侵略から国民の安心・安全を守るためには、日本はいつでも戦うという姿勢を見せつけることです。
そして、どのような脅しや脅迫めいた外交にも、決して尻込みしない愛国心を持った指導者が必要だと思います。






ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 19:23 | Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

左翼は責任をとりたがらない 中国は過去の責任にする 米国は物事の大小を考え 日本は空気に支配される

左翼は責任をとりたがらない 中国は過去の責任にする 米国は物事の大小を考え 日本は空気に支配される

左翼は反権力を標榜します。善悪を考える力がないのに強い権力に対して抵抗することが正義と考えています。
左翼の政策は、手当のばらまき、経費を削ることを考え、アメリカから離れようとし、中国寄りになろうとします。
オバマ政権時代も財政のことは頭になく、どれだけ税金を取って、ばらまくか以外にはなく、今にして思えばまったくの貧乏神であったと言えます。

左翼かぶれの人たちは基本的に自分が悪いとは思わず、周りが悪いと考え自己責任という観点がぜんぜんありません。
自分のことは棚に上げて、だれかに責任転換します。そして被害妄想でもあります。

すべての責任が自分にあるとは考えません。責任を持っていない人の発言は非常に危険であり、どのような結果に対しても自分には無関係と考えます。

左翼の人たちが経営者になれない理由は、責任をとる姿勢がないからです。
日常、普通に責任転換するような人が会社経営などできるわけがないのです。
会社経営もできないような人が政治家になるから、税金の無駄遣いを平気でするのです。

更に左翼は無責任体制をしきます。これは異常に自己保身が強いからではないでしょうか。
左翼はみんなで経営者になろうと考えますが、裏には責任を取りたくない傾向があります。(全体責任は無責任)例えば地方分権的考え方。(地方に責任を取らせ、自分に被害がこないようにする)

中国は過去の責任にしたがる傾向があります。
中国に「靖国神社に参拝するな」と言われたぐらいで首相が言われたままに、行かないのであれば、日本は主権国家とは言えません。
属国あるいは、隷属国家、植民地国家と言われても仕方ありません。
中国には、はっきりと言い返さなくては調子にのるばかりです。
『侵略国家の分際で日本にでかい口を叩くじゃない!!日本に向けている中距離弾道弾の核ミサイルを全部解体してから言いなさい』くらいは言い返さなければ駄目です。
私が思うに、中国は国土が大きく人口も多いので外部からみると強そうに感じてしまいますが、逆に考えますと人口が多いゆえに社会主義のような一元管理ができるわけがないと思います。
ですから内部(国内)は非常に脆弱であると考えています。
年に数十回〜数百回?も 暴動が起きているような国が強いわけがないと思えるのです。
中国共産党を潰すのに核兵器はいらないかもしれません。(日本が抑止力としての核を持つことは必要です)
中国の人々13億人が一致団結し協力すれば強大な国だと思えますが、9割以上の人達が共産主義一党独裁に対して反対しているわけですから、内部は弱いはずです。
武力による恐怖で押さえつけているだけですから、ダムが少しの損傷で決壊していくのと同じように何かのきっかけで内部崩壊すると思います。
少しの損傷とは、やはり『情報公開』だと思えます。


国家も個人も責任をとる姿勢が大切ですが、右翼も左翼も極端までいくと、弾圧するという点で共通しています。
ハンナアーレントは右翼・左翼ともに両極端までいくと同根で、どちらも同じことやろうとすると述べています。
粛清、弾圧、収容所送りなどがそれです。
ヒトラー(右翼)スターリン(左翼)もやっていることは同じでした。

日本の歴史始まって以来、最低最悪の首相であった菅首相はクレーマーで人に対しては、苦情やクレームはつけますが、自分は苦情を受けません。論理的に問題をすり替えて、自分の責任として受け止めないという非常にずるい人です。
責任を取らない権力者は危険であるといえます。権力者としての自覚がありません。ヒトラーがそうです。
ドイツ参謀本部は軍事のエリート集団で、秀才をシステム的につくり、国を守ろうとする体制をつくっていましたが、ヒトラーはこれに対して劣等感から反発しはじめます。
ヒトラーは画家になりたかったようですが、画家としては成功しておらず、エリートに対して劣等感を持っていました。

ヒトラーは第1次世界大戦以降、ドイツの再建を成し遂げたことは事実であり、ここまでは優秀であったとおもいます。
しかし、次第にドイツ参謀本部に逆らい始めます。
そして、ソ連の戦いが命取りになります。ソ連は中に引き込んで戦う戦法をとります。
負けたと思わせて敵をどんどん追撃させて冬まで長引かせます。
それに対しての準備、備えができておらずヒトラーは敗れました。兵線がのび敗れた点でナポレオンが敗れた戦い方に似ています。

ナポレオンのような天才は一代で軍事力を発展させますが、それを持続、継続させるのはある程度、訓練された人でないと続きません。

菅政権は、批判の矛先を原発に向けさせていました。左翼は富や利益を憎んでいるので経済的に発展できるわけがないのです。

確かに恵まれない人を助けるのは大事であると思いますが、国レベルでは駄目である場合がほとんどです。一体誰が恵まれない人たちを助けるのでしょうか?それは、経済的に富んだ人であるはずです。

左翼とはどんな人種なのかその傾向をまとめると以下のような特徴があります。
貧しさの平等で、責任を取らない。利益を悪と見ている。知恵をだして努力した人を認めない。成功した人に対しての嫉妬心がある。
これだけをみると、ただのクズです。

右翼が票を取れないのは軍国主義と取られやすく弾圧されると思われてしまうからです。
右翼が悪くいわれるということは、宗教も悪くいわれる傾向にあります。

安保世代は時代背景的に外国に留学した人がいません。当時、海外に留学した人は右翼になって帰ってきます。国益を考える人になって帰ってきますが、安保世代の人たちは国の国益をまるで考えていません。

アメリカ国民は物事の大小を考えて、たとえ大統領のスキャンダルがあったとしても、国を豊かにしてくれる人を選ぶ国民性があると思います。
アメリカは国益を考え、理性的な判断をしていると言えます。

日本の歴史始まって以来の最低最悪の元首相菅さんは、国民に重税をかけ日本を貧しくし、ばらまきをすることで自分自身はハッピーな気持ちに浸ろうとしていました。
人間の平等が嫉妬心であるならば、それは神の平等ではありません。神の平等は機会の平等であり、チャンスの平等です。

右翼の保守的な部分や、左翼の一部宗教的思想のところを大事にするべきかもしれません。

一定の国益を考え、みんなにチャンスを与えながら国の利益を考えることが大事であると考えます

日本国民もマスコミの情報に流されるのではなく、理性的に考えてどの政党が日本の国益と国民の生命、財産、自由を守ってくれるのか、宗教政党という先入観をすてて、内容を理性的に判断できるようになるべきです。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:59 | Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする