2017年11月15日

宇宙人ユミット ウンモ星人からのメッセージ

宇宙人ユミット ウンモ星人からのメッセージ

ユミットとはウンモ星人のことであり、手と足をあわせると8本あると言われています。
その姿をストレートにあらわすと、地球人がパニックを起こすので、通常は地球人になりすまして、地球の文化等を探究し、調査しているようです。

また、地球人があまりにも精神と不釣合いに、テクノロジーが進んでいるので、警告を含めた手紙を地球人に送り続けているようです。

地球人の文化を探るべく、色々な品物やサンプルをちょっと盗んでは調べていたようです。
「宇宙人ユミットからの手紙」ジャン ピエール・プチ参照

一軒家の農家?に侵入して、ボールペン、湿度計、切手、手紙の束、トラクター代金の領収書、トイレットペーパー、子供用の百科事典、また、人間を眠らせて、汗や髪の毛を採取し研究していたようです。

品物やサンプルをたくさん手にしたものの、それを分析して調べても科学的組成なら正確に突き止めることができたようですが、その品物を何の目的で、どのように使用するかになると、皆目、見当がつかなかったそうです。

例えば、石鹸をどのような目的で使用するかなど、結局分かりませんでした。
古い目覚まし時計の機能に関して、しばらくは疑問であり、最初はこの機械に送信機がついていて、われわれの居場所がばれてしまうのではないかと、心配していたそうです。

タバコのほうは、以前撮影しておいた人間の写真があったので、正体がすぐにわかりました。
これはつまり、地球人が呼吸を楽にするために、何らかの気体を発生させる装置なのだ。ところが内部をいくら調べてみても、予想していたような複雑なメカニズムがでてこない。これにはさすがに、がっかりしたようで、ますます謎が深まってきたそうです。

分子構造や科学的組成に関しては、調べることができても、その品物を使って、どのように使用するのかが、なかなか分かりませんでした。

送られてきた手紙にはかならず「王」という漢字を横にしたようなマークというか、印が付いているようです。
もしかしたら、この「王」とう字を横にした印は、ウンモ星人の体の形状を表現しているのかもしれません。


宇宙人のユミットからの手紙は、だんだんと世間に浸透していったのでユミットは、人々の関心を喜んでいたようです。

天文学に関する報告書をカリフォルニアのパロマ天文台所員に送り、不規則な星雲の形状が、いかに形成されるかを説明しようとしました。
「そのような形状は、双子の宇宙が作用を及ぼす為」と書き送ったのですが、現時点での地球人の知識レベルでは、内容の重要性が理解できなかったようです。
手紙を受け取った側では、こっそりと読んでそのままゴミ箱にポイと捨ててしまいました。
そういうこともあって、ユミットは地球人の科学的好奇心のなさに愕然としてショックをうけたようです。

双子の宇宙とは、現在、観測されている宇宙と、対の関係にある観測にかからない反宇宙のことだと考えます。


宗教的には、キリスト教に近い宗教であると教わっています。キリスト教の教えの中核は、愛の思想ですから、ウンモ星の価値観は、科学と愛の教えが主流であるということになります。

ベガ星の価値観が、温和や変化であるのに対して、ユミット(ウンモ星人)の宗教的価値観が、愛ということであれば、人に対しての温和な気持ちと愛の思想が共通する価値観として地球的に融合すると思えます。


更には、地球人の軍備関係の進歩に関しての警鐘をならした内容の手紙もあるようです。
精神性がついていかない科学的進歩は最終的に人類の滅亡につながっていきます。
このような進歩は、プラズマ兵器に行き着くものであり、このような兵器は一瞬にして地球を焦土に化してしまうと警鐘をならしています。

※プラズマとは、原子が電離したガス状態をプラズマという。超高温で原子核から電子がはぎとられ裸の状態でとびまわっている。

また、治療に関して手紙が届いていています。
例えば「ガン」の治療に関しても、その治療方法を教えようとしないで、いつもこのように答えるようです。
「その気になれば、治療することは簡単です。けれどもあなたがたが自分で治療できるようになれば、病気をひきおこすことだって、できるようになりますからね」

これも科学技術の進歩に精神性がついていかない地球人に悪用されない為の配慮であると思えます。

宇宙に関しても、二重構造になっていて、一つは我々が五感を通して感知している4次元時空の宇宙、我々が認識可能な正の宇宙です。
そして、対をなす反宇宙あるいは裏宇宙と呼ばれる存在です。

ユミットは、宇宙は4次元時空ではなく、10次元であると言っています。物質宇宙と霊的宇宙の二重構造になっていて、相互に影響し合っていると述べているようです。

超物理的構造(霊的世界)でてきている高次元世界によって、物質世界の物理的構造を主導的に操作している可能性があると述べています。
つまり、宇宙の背後には、プラトンがいうように、理念があり、物質世界はその影響をかなり受けているということです。

これは、地球上の磁場領域が地獄的か天国的か、どちらか大きいほうの影響を受けやすいことを意味していると思います。

人間の考え(思考内容あるいは想念)が地球に影響を与えるということは、地球も太陽系に影響をあたえる可能性があり、太陽系は、銀河系にも影響をあたえるものと考えます(宇宙樹)。

思考内容が霊的な磁場を作るのであれば、やはり思い、考えを変えていかなければ、この危機的状況を回避することができないと思います。

宇宙人ユミットが心配していることとは、地球人の精神性が科学技術とつりあっていないという問題だと思います。
地球人は、目に見えない尊い価値があるということに気がつかなくてなりません。
そして、科学技術に見合うだけの精神性を高めていかなくてはなりません。

そうしてこそ初めて、スペースブラザーズの仲間入りをすることができると思えます。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:57 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ビックバン理論の問題点

ビッグバン理論の問題点

ビッグバン宇宙論とは、宇宙が超高温・超密度の状態からビッグバンと呼ばれる大爆発によって膨張を始め、温度が下がる過程で素粒子の誕生、元素の合成、星の誕生が起こるとして、宇宙の進化を説明しようとする理論です。
膨張宇宙論とも言われています。

ハップルの法則と背景放射の存在とを有力な証拠として、宇宙の進化を素粒子の大統一理論と結び付けて解明しようとし、その後、ビッグバン宇宙論が主流となりました。

ハップルの法則とは、遠方の銀河はすべて、わが銀河から遠ざかっており、その後退速度は銀河系からの距離に比例するというものです。

1929年ハップルが遠方の銀河のスペクトル線の赤方偏移を系統的に調べることによって見出しました。

ハップルの法則は宇宙が膨張をしていることを示し、この膨張過程を逆にたどれば、宇宙はほぼ一点に集中していることになります。
ハップルの法則は、ビッグバンモデルといわれる膨張宇宙論の基礎を与えています。

背景放射とは、宇宙に一様に存在する温度、約3kの放射。
宇宙から等方的に入射するマイクロ波を捉え、その後のスペクトル分析から2.7kの放射に対応することがわかりました。
背景放射の存在は、1940年代に、ガモフがビッグバン理論から予言していましたが、それを裏付けることになり、ビッグバン宇宙論の有力な証拠となりました。

しかし、ビッグバン宇宙論では説明できない多くの謎が残されています。

やはり一番の問題はビッグバンが起こる前のエネルギーはどうして発生したのか?ということです。

宇宙のいろんな現象を説明する時に、エネルギーがどうして発生したのかという合理的な仮説を伴わない理論は、どこかで矛盾を引き起こす可能性があると思います。
もし、我々の宇宙がビッグバンによって発生したとするならば、それは宇宙創世の最大のエネルギー源でなければならないし、宇宙で起こるあらゆる諸現象のもとをたどっていけば、ビッグバンのエネルギーにたどりつかなければならないはずであります。

赤方偏移について考えてみますと、遠い星から来る光ほど波長が長くなります。
ドップラー効果によって波長が長くなると赤い方へとずれていきます。これを赤方偏移といい、遠い星ほど地球から遠ざかっていきますので赤く見えます。
ドップラー効果とは、例えば、救急車が近づいてくると音が高く聞こえますが、遠ざかっていくと音が低く聞こえるのと同じ原理です。

ところが、赤方偏移をおこすのは、ドップラー効果だけではないようです。
光がとおってくる空間に宇宙塵(分子等)があると、赤い方にずれます。また、巨大な質量を持った星の横を通過するときに重力によって波長が伸びる可能性もあるようです。
星雲空間に微塵が存在すれば、遠い星雲から来る光は、多くの微塵のある所を通ってくるので、より多くの赤方偏移をおこすことになります。したがって宇宙が膨張していなくても赤方偏移をおこすことができます。
現に、1970年以降、赤方偏移と距離とのあいだに関係がなさそうな天体がたくさん発見されていると指摘されています。
また、光りの中には宇宙空間を伝播する間に、スペクトルが赤い方にずれるものがあると、1987年にロチェスター大学のエミール・ウルフによって提案され、後に実験的に証明されたようです。

また、ビッグバン宇宙論では、物質がどうして銀河団や超銀河団などにまとまったかの説明ができないそうです。
現在の観測事実に矛盾することなく物質をまとまらせるためには、宇宙の物質の90%以上が、未知の物質でなければなりません。
いわゆる暗黒物質です。
銀河団や超銀河団を重力で説明するためには、暗黒物質が大量に存在しなければなりませんが、その存在はいまだに発見されていないようです。
かりに暗黒物質が検出できたとしても、それだけでは、1980年代にみつかった超銀河団を説明することができないようです。
さしわたし25億光年ほどの超銀河団を重力だけでつくろうとすれば、おおよそ一千億年ほどの時間がかかるそうです。
これは、ビッグバンによって発生したといわれる宇宙の年齢より長いので、どこかが矛盾しています。

このように矛盾する観測結果が出ているにも関わらず、ビッグバン支持者たちはそこを無視しているようです。

ビッグバンはほうとうに、起こったのだろうか?

私には、宇宙創成とビックバンは、関係がないのではないかと考えています。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:40 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする