2018年04月29日

因果応報 前世・現世・来世の流れでみる縁起

因果応報 前世・現世・来世の流れでみる縁起


人生は四苦八苦と言われるように、霊的世界から見たらこの物質世界はかなり厳しい修行の場です。
生とは、生まれてくる苦しみです。
老とは、老いていく悲しみです。
病とは、病気等による肉体的な苦痛を伴う苦しみです。
死とは、未知なる世界に対しての恐怖です。
「愛別離苦」愛するものとわかれる苦しみです。
「怨憎会苦」嫌な人と会う苦しみです。
「求不得苦」求めても得られない苦しみです。
「五陰盛苦」肉体に基づく欲望を押さえることができない苦しみです。

以上が四苦八苦と呼ばれているもので、基本的に地上に生まれてくることに伴う、避けて通ることのできない絶対苦です。

四苦八苦以外にも仕事に対しての問題解決能力の不足が原因で悩み苦しみ、貧困で苦しみ、と数えればきりがないと思えるぐらいの苦しみがあります。
しかし、
「人間は、たとえ、亡くなる時点において、他の人から尊敬される立場に立っていなかったとしても、その思いと行いが正しいものであれば、あの世に帰ってからきちんとそれなりの判定がされる」
これが仏教における因果応報であると思います。

よく勘違いされるのは、私は宗教を信じ、神を信じているのに神様は私を助けてくれなかった、だから、私は宗教を信じないし神様も信じません」という人達です。

それに対する答えは、信仰者であっても困難苦難はあるかもしれません。
しかしそれは、「信仰の是非あるいは善悪」の結果として受け取らないで下さい。ということです。

実人生に何も困難苦難がなく、無事に過ごすことができれば幸福かといえばそうではありません。
霊的観点からみて地上に生まれたにもかかわらず、何の試練もなく霊界に帰ることになれば、それは地上いるときと価値観が逆転して後悔することになるでしょう。


艱難辛苦は、魂を鍛えるために用意されている砥石ですから、しっかりと磨かなければなりません。


ドイツ観念論哲学のフィヒテは、以下のように述べています。
「人間が進歩発展するプロセスのなかには、霊的な力がはっきりと顕現していて、哲学者はそのような人間一人ひとりの内なる進歩発展の原動力の奥深くまで認識の眼を向け、魂の根源を認識の光で照らしださなければならない、それが哲学者の最も大事な課題なのだ。」

人間の精神が進歩発展する為には、自己に対しての霊的視点や、魂の根源にまで目を向けなければなりません。

地上的な観点だけで人生観を考察しますと、悪い人が得をして、まじめに生きている人が損をしているように見えなくもありません。

しかし、霊的世界を含めた人生観からすれば、原因に対応する結果は、必ず本人に跳ね返ってくることでしょう。

太陽の光が、善人悪人に関係なくすべての人に降り注ぐように、宇宙の法則あるいは霊的法則はすべての人に平等に働いています。

ですから、地上的な視点で原因・結果が成立していないと思えても、霊的世界を含めることで完全に縁起の理法が成立します。

宇宙をあらしめている力と人間をあらしめている力は同質なのでしょう。
宇宙の調和を乱す思いや行為は、必ず反作用が働きます。
宇宙にはバランスの法則が働いているからです。

宇宙を知るには、自分自身の内なる探究が必要であると思います。
太平洋の海水と一滴の水は、量的にいえば比較なりません。
しかし、海水も一滴の水も元素記号は同じという点で共通しています。
太平洋の海水(宇宙)を知ろうとすれば一滴の水(個人)を探求することで宇宙の秘密を知る手かがりがわかるかもしれません。






ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 20:39 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

世間解から攻めてくる悪魔・矛盾から攻撃してくるアンチ

世間解から攻めてくる悪魔・矛盾から攻撃してくるアンチ

一枚のコインに表と裏があるように事物は必ず両面性があります。
男と女、山と谷、右と左、ブラスとマイナスといった具合です。
一つの波が山と谷の対で出来ているように、三次元という物質世界はいたるところにそのような関係がみられます。

私たちは常に二律背反する世界で生きているので、常に矛盾、対立をくりかしています。
ヘーゲルは、正、反、合という弁証法的運動によって、平面的には矛盾対立をくりかえす事物は、一段上の視点で止揚統合することができる世界観を提示しています。

私たちの本質は霊的存在ですが地上に生まれてきている以上、地上的な視点と霊的な視点の両方から、弁証法的に統合していく必要があります。


確かに悪魔といわれる存在は、この世的常識を用いて本当に大事な信仰や真理から引き離そうと働きかけます。

聖書には、イエス様が四十日四十夜悪魔の試みに合われています。
イエス様が断食をして空腹になられたとき悪魔がささやいてきます。
「あなたが神の子であるなら、この石がパンになるように命じてごらんなさい」
イエスは答えて言われた。
『人はパンだけで生きるのではなく、神の口からでる一つ一つの言葉で生きるものである』

悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて言った
「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛び下りてごらんなさい
(神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられるように、彼らはあなたを手でささえるであろう)
イエスは彼に言われた。
『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある。

次に悪魔は、非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言った。
「もしあなたが、ひれ伏して私を拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」
するとイエスは彼に言った。
『サタンよ、退け。主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよと書いてある』

宗教的な悪魔は、旧約聖書なり、仏典なりを知識としては知っているので、その宗教的知識を利用して聖者をおとしめようとします。
最後は、地上的な栄華でイエス様を誘惑しますが、そのような地上的な価値観に惑わされるわけがありませんでした。

仏教もゴータマ・シッダールタが悟りを開かれる直前に、悪魔が世俗的な価値観で揺さぶりをかけてきました。
ゴータマには、妻や子を捨てたという反省の心があったのでしょうから、悪魔はそれを利用して悟りの邪魔をしようとしたわけです。

誰でも肉体をもつと地上的価値観、物質的波動の影響を受けますから、人間としての弱い部分を攻めてくるのでしょう。

エクソシスト入門でルシ○○は、地獄の世界と地上の世界の価値観は非常に近いと述べています。

このように霊的な悪魔という存在は、地上的な価値観や世俗的な常識、欲望などで聖者をおとしめようと画策しているのでしょう。

更にアンチに至っては、教団の内部的な矛盾等に乗じて切り込んできます。
最近のアンチの反論は以下のようなものです。

哲学系統の霊言で、その内容が生前に書いてものと比べて本人の霊言ではないのではないかと指摘します。
カントは、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』『教育論』『論理学』『プロレゴメナ』『道徳形而上学言論』『視霊者の夢』『永遠の平和のために』『啓蒙とは何か』等の著書を残されていますが、その内容は非常に難しく理解するのが困難です。
ヘーゲルにしても『大論理学』『小論理学』『自然哲学』『精神哲学』『歴史哲学講義』『精神現象学』『宗教哲学講義』『哲学史講義』『法哲学講義』『美学講義』等多数の著書があります。

しかし、カントの霊言ではそのように難しいというほどには感じないのでしょう。
ですからそれがおかしいと考えてしまうわけです。

また、高橋信二という方が宗教団体GLAを立ち上げました。
最初の時期、高橋信二氏をエル・ランティと称し9次元霊で地上に生まれたのは初めてであるといわれていました。
しかし、方便の時代は終わったという流れで高橋信二氏自身は実は9次元霊ではなく仙人であったと訂正が入ります。
それまで信者の方々は高橋様というように信じていたのですが、9次元霊から仙人という評価になって、いきなりドン引きします。

このように霊的評価が変わるので、今後もこのように変わる可能性があるのではないかと疑うわけです。


これは、総裁先生や仏法が不完全であるというわけではありません。
私達一人一人の信者は、苦難困難に対して法に基づいてどのように対処するか、それは個人に任されていると言えます。

会を脱会してアンチになり、当会を批判する理由はいくつかあると思います。
自分のプライドが傷つけられたため、批判することで自己の正当性やプライドを取り戻そうとしているのでしょう。

会を批判することで自分の正しさを証明したいのでしょう。
しかしこの考え方が実に悪魔の考えと共通していることが分かります。
悪魔は自分が正しいと誤認し神が間違っていると否定します。

このように悪魔は世間解から攻撃し、アンチは会の矛盾から攻めてきます。


ナガールジュナは八不中道の考え方で、「有」という立場、この世の常識的立場や考え方と、「無」という立場、この世は仮の世であり、時間の流れの中で変転変化しながら過ぎ去っていくものであり、霊的なものこそ真実であるという考え方の両方を否定した中道にこそ、真実の正しい生き方があると考えました。

一般社会における常識見解も大切ですが、仏法に照らした霊的世界に対しての知識も大切です。
「有」「無」の両方から自己チェックすることが大事であると思います。

この世的常識から攻撃されたとしても、あるいは霊的現象から攻めてこられたとしても、それを見抜くのは智慧であると考えます。

しかし、悪魔・悪霊等が悪意ある意図を持って直接的に攻撃してこられたら通常は勝てないので、信仰心を手放してはいけないということです。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 13:59 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする