2017年03月21日

獣の世界に近づく人間世界を救えるのは慈悲の光

獣の世界に近づく人間世界を救えるのは慈悲の光


獣の世界とは、闘争と破壊が繰り広げられる世界です。
お互いに相手を食いあい、常に恐怖が支配する世界のことを言います。

獣の世界に近づいたこの世界を、どうしたら神仏の正しさが支配する世界に戻すことができるのでしょうか。

そのためには正しい宗教の教え、法を広げていく必要があり、霊的世界を信じ、神仏の存在を信じる信仰心を持った人たちの力が必要です。

幸福の科学の教えは多岐にわたり、一言でまとめてお話しするのは難しいかもしれませんが、仏教的な教えがベースであると自分は思っています。

現代の四正道である、愛・知・反省・発展のなかで、知の部分は仏教的な智であると考えています。
もちろん、それ以外にも知に含まれるものは、政治や経済・科学、歴史等、知の範囲は限りなく広がりますが、人間の魂を向上させる教えという意味では、仏教的教えが中心であると自分は考えています。


基本的に仏教の修行は自力で、戒・定・慧の三学であると言われています。
戒律を守る過程で自分の日常生活の在り方を律していきながら、禅定を通して自分の心を落ち着け、霊天上界との交流をはかり、智慧を得る。
戒も定も最終的には智慧を得ることが目的であり、この世的な束縛やとらわれから自由になり、その結果、解脱をすることが可能であるといわれています。
真実の自由とは実在界のおける価値観を体現した自由であり、自分が真実解脱したことを知る解脱知見があると教わっています。

この地上は相対的な世界であり、相互依存で成り立っています。
あるいはお互いの関係で成り立っており、それ自体の性質からなるものはありません(無自性)。

ナーガールジュナの『中論』には、不浄と淨についての説明として、「淨と不浄とがそれぞれ自身の本質(自性)を持つならば淨は不浄を離れても存在し、不浄とは淨とは独立に不浄として存在するであろう。しかし、淨も不浄も自然的存在のありかたであるから、独立に存在することは不可能である。」
両者は互いに無関係ではありえず、互いに他を予想して存在しています。
淨は不浄によって淨であり、不浄は淨によって不浄である。
したがって両者は独立には存在しているとはいえません。すべてはお互いに相互依存で成立しています。

私達は、感覚器官を通して物質的なものを実在と思い、実体があると考えています。
しかし、実体性とはしょせん、限定されたものにすぎません。
物質的なものが未来永劫続いていくものではありません。
ある限られた時間の範囲で存在するだけです。
どこまでも限られた意味において実在するのであり、すべての存在には滅びが内包されています。

このように、空の思想をもって、あるいは『諸行無常』『諸法無我』を説くことで、地上に対する執着をなくしていくようにします。
地上に対しての執着がなくなることで、自分さえよければいいというような共食いは、なくなっていくことでしょう。


四正道の『愛』とは、キリスト教的なる愛とヘルメス的な愛が合体した『愛』であると思います。
無我なる愛と言えるかもしれません。

この愛に、先ほどの仏教的な智慧が融合して、『慈悲』に昇華されると思います。
慈悲とは、愛と智慧の結晶であると考えます。

仏教の根本命題は「上求菩提・下化衆生」であり自分の悟りが高くなるほど救済力が高くなり、影響力も増してくると教わっています。

愛と智慧の融合が上求菩提に対応し、慈悲が下化衆生に対応していると思います。

『仏陀・悪魔との対話』岩波文庫には伝道に関して次のようなことが書かれています。
「尊い方!尊師は教え(真理)をお説きください。幸ある人は教えをお説きください。この世には生まれつき汚れの少ない人々がおります。かれらは、教えを聞かなければ退歩しますが、[聞けば]真理を悟る者となりましょう」。

伝道する対象を選別しています。
慈悲とは基本的に全ての人が救いの対象なのでしょうが、優先順位をつけて、合理的に伝道の対象者を絞っています。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 00:50 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

悪魔の攻撃パターンを分析する

悪魔の攻撃パターンを分析する


宗教や神秘学でも言われていると思いますが、悪魔が最初にする仕事は、霊的なものから人間の関心をそらそうとすることです。
「目に見えない霊的世界」、「人間の本質は肉体に宿っているところの魂である」このような霊的真実を嘲笑しあざ笑うように仕向けてきます。

これは、現代に蔓延している唯物論的価値観であると言えます。
目に見えないもの、科学的証明が不可能なもの等、すべては肉体的感覚を中心とした考え方で物事の価値を決めようとします。
これらは、すべて人間を有限な世界に閉じ込めた世界観であり、人間を最終的に堕落される方向に向かわせることになるでしょう。

このような物質がすべてとする唯物論的考え方に人々を引きずり込むという攻撃パターンがあると思います。


聖書には、イエス様が40日40夜、荒野において悪魔の試みを受けています。
イエス様は断食をし、空腹になられていたと聖書に書かれています。
その時の悪魔は、イエス様を誘惑してきます。
「もしあなたが神の子であるなら、これらの石をパンになるように命じてごらんなさい」
と誘惑してきます。
「人はパンだけで生きるものではなく、神の口からでる一つ一つの言葉で生きるものである」
とイエス様は切り返します。
更に悪魔は、イエス様を聖なる都に連れていき、宮の頂上に立たせて、「もし、あなたが神の子であるなら、下へ飛び降りてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手で支えるであろう』と書いてありますから。」と誘惑してきます。
ここで確認しておかなければならないことは、悪魔も聖書の言葉を引用するということです。
現在でも宗教的悪魔は、生半可な宗教用語を使って誘惑してきます。
「主なるあなたの神を試みてはならない、と書いてある」とイエス様は切り返します。
次に悪魔は、イエス様を非常に高い山に連れていき、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言います。
「もしあなたが、ひれ伏して私を拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」と誘惑します。
「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を排し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」と切り返します。

これらを読んでみると、悪魔の攻撃パターンが見えてきます。
それは『誘惑』です。
地上的喜びや快楽を餌に、修行者を堕落させようとしていることが明らかに見て取れます。

更に、仏典や仏陀の証明には悪魔の軍隊の諸相が書かれています。
順に書いていきますと、「欲望・嫌悪・飢渇・妄執・ものうさ・睡眠・恐怖・疑惑・みせかけと強情・誤って得られた利得と名声と、自己をほめたたえて他人を軽蔑すること」です。

信仰心が確立し、教団内部が固まってきますと、こんどは外部からの攻撃が開始されます。

スンダリー事件とチンチャー事件です。
教団を貶めようと、いろいろな画策をして、世間の信用や信仰心をぐらつかせようと働きかけてきます。

イエス様の場合、ユダがイエス様を試そうとして、わずかな金銭で主を裏切りました。
ユダの裏切りによって、外部の敵を引き寄せてしまいます。

このようにみていきますと、悪魔の攻撃は大きく分けて二種類あると言えます。
一つは、直接的攻撃、間接的攻撃です。
二つ目は、誘惑です。
攻撃をしかける悪魔は、人間に不安・恐怖を与え、精神性を否定したいという思いを引き出そうとします。ゾロアスター教の闇の神アーリマン的存在でしょうか。

誘惑する悪魔は、人間を夢想や官能の世界に引きずり込んで、霊的世界から目をそらせようとします。
アダムとイヴを誘惑した蛇、堕天使ルシファー的存在でしょうか。

これらの攻撃や誘惑に勝つためには、信仰心を手放さないということに尽きると思います。
その信仰心が本物か偽物か試される時があるかもしれませんが、最終的に勝つためには、信仰のロープを手放さないということだと思います。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:39 | Comment(4) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする