2017年04月10日

地球人の身体構造と霊流及び動物型宇宙人の関係について

地球人の身体構造と霊流及び動物型宇宙人の関係について


人間は生まれる前に両親を自分自身が選んでくるといわれています。
人智学のシュタイナーも、人間は両親を選んで生まれてくるという見方をしています。
つまり、子どもの魂は地上に生まれてくる前に、自分の素質を生かすのに相応しい身体を提供してくれる男女を選んで生まれ変わってくるということです。

しかし、シュタイナーは親が提供しれくれる身体は、完全に魂と一致するわけではないので、徐々に自分の魂の傾向性に合った身体に作りかえていくと述べています。

生まれてから約7年間は生命エネルギーが身体形成に使われるので、この時期にこの霊的パワーを知育に用いると、あるいは、知育教育の比重がたかくなると虚弱体質になってしまうとのことです。

幼い時の記憶がないのは、思考に使われるエネルギーが、身体形成に使われるためであると考察しています。


今日の科学が主張しているような意味での遺伝は、生まれてから7歳ぐらいまでに当てはまると言えます。
そして、7年を過ぎたころから、自分の魂の傾向性にあった身体に作り上げていきます。

ですから、生まれてくる子供の魂の傾向性(周波数)と両親の傾向性(周波数)がある程度、同じでなければ、魂が身体に宿ることは難しいのかもしれません。

子供の身体は生まれてから数年間は、親の遺伝の影響が大きいのですが、それ以降は、本来の魂の傾向性にあった身体を作り上げていくということです。

更に、人間のなかでは、動物が有する特性が少しずつ総合的に調和されて流れているといいます。

人間は動物が持っているすべての特性を少しずつ持っているとはどのような意味なのでしょうか

虎には残忍さがあります。
人間は虎ほど残忍であるとはいえませんが、いくらかの残忍さがないとはいえません。
人間はライオンほどの威厳はないかもしれません。
しかし、いくらかの威厳はあるといえます。

人間はあらゆる動物の特性を総合的に含んでいます。
動物界は拡散された人間であり、人間は収斂された動物界であると言えるかもしれません。

しかし、その人間の身体に宿る精神、魂は、その総合的動物の特性を乗り越えて高次なもの、あるいは神仏をもとめるように創造されていると思います。
人間の尊さは、総合的動物の特性をもつ身体の支配を振り切って、精神的なものに目覚め、神性あるいは仏性を輝かせることができるという点にあると考えます。

ところで、宇宙人の種類には、地球に生息する動物型や爬虫類型等が多いことに気づきます。
この事実をもってダーウィンの進化論など、子供だましであることがわかるのですが、なぜ、地球に生息する動物等に似ているのか不思議に思っていたのですが、単純に考えて結論付けると、地球に存在する動物は、はるか太古に宇宙から飛来した宇宙人が地球において退化し、現在に姿になったと考えることができます。

そのような宇宙人の特性を総合的に内包し、調和している姿が、地球的人間の姿かもしれません。
もちろん、主が人類を創造されたのですが、総合的に調和され進化した姿が人間であるという可能性もあると考えます。

先ほど、魂が肉体に宿るには、ある程度傾向性が一致していなくては難しいのではないかという仮説を立てましたが、現在、宇宙人が人間の身体に宿る(この場合、地球神の許可が必要)、あるいは、ウォーク・インできるということは、地球人の身体の特徴が宇宙人の魂の周波数と許容範囲内で一致しているからではないかと思われます。






ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:33 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

死後まもなく経験すること  考えた文章は死んだ霊にも伝わりますがコピペは思考力を失い救済力も失う

死後まもなく経験すること  考えた文章は死んだ霊にも伝わりますがコピペは思考力を失い救済力も失う

なぜ、人間は地上に生まれてくるのでしょうか。
地上に生まれ変わる意味は、悟りを得るためです。
人間の魂は、波長同通の法則により、似たような考え方をした者同士が集まります。
ですから、考え方に変化がなく学びも少ないということになるということです。

地上において、精神性にまったく目覚めなかった人、唯物論的な人は死後どうなるのでしょうか。

唯物論的な人が死んだからといってすぐに霊界についての認識を得ることは、まずありえません。
地上において精神性に目覚めることがなかった人、物質がすべてであると考えていた人は、死後もその意識は低い状態であると思います。

ある人はこのように考えます。
「もし、本当に死後の世界があるのであれば、死んでから見ることができるのではないか」と・・・
しかし、地上に生きている期間、神仏を否定し霊界を信じない人は死後において何も見ることはないでしょう。
心が霊界を否定しているからです。
心が否定しているものを見ることはないでしょう。

霊界とは思いの世界ですから、地上において何も考えないで生きてきた人、神仏を否定してきた人、霊界をあざ笑ってきた人は、死後、洞窟で一人寝ている以外にすることはないでしょう。

そして、死んでから数日後、誰でも体験する反省会が待っています。
私達が地上において肉体をまとっていながら、どれだけ霊的世界の真実をつかみ取ることができたか。
目に見えない神仏を信じ、人にどれだけ愛を与えることができたか、霊的価値観からみて自分の人生は正しかったのかなど、自分に縁のある霊人が見ている中で映画のように上映されるといわれています。

これは、幸福の科学以外に神秘学でも同じ内容が書かれていましたので、避けて通れない道なのでしょう。

自分の言葉や行為によって相手を傷つけたとしたら、傷つけた相手の気持ちを自分も体験することになります。
相手を傷つける行為がどれだけ霊的な罪なのかを、相手の立場に立って知ることになります。


ところで、死んだばかりの霊を地上に生きている人たちの力で救う可能性は有るのでしょうか。
唯物論者が、「もし死んだ後に霊界があるなら、地上に生きている間、信じようと信じていなかろうと霊界に行くのだから、地上に生きている間は信じない」という人がいるとします。
このような唯物論者は、死んで霊界に行っても何も見ることはないと上記に書きました。

死んでから、真理の書物を読めるかと言えば、読めるわけがございません。
ですから、この段階では自力で救われる可能性は限りなくゼロに近いと思います。

このような人を救える人とは、普段から真理を学び自分の頭で考えて、わかりやすく人に対して説明できる人でしょう。

死んだ霊が、その人の書いた文章を読んで救われるというよりは、真理を常に考えて文章にしている人の想念と言いますか、念波を読み取って理解するということになると思います。

ここがコピペ以外にできない人との大きな違いです。
すべてコピペで済まそうとする人は、普段から自分で深く考えようとしていないので、迷っている霊を説得できる可能性はまったくないと言えます。

常に相手を想定して、その人のためになる文章を書こうと努力している人と、あたりかまわず張り付ける人とでは、根本的に人や霊に与える影響力に違いがあります。

コピペ依存症の人は、三日前に張り付けた記事の題名すら覚えていないのではないのでしょうか。

人は努力相応に評価される分には問題がありませんし、正当性があります。
しかし、努力しないで分不相応に評価されたとき、・・・・・どうなるのでしょうか

常にコツコツと努力している人には、法力や救済力が身についていくと思います。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 00:29 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする