2018年01月03日

唯物論の広まる範囲が地獄領域の拡大につながる 宗教的教えと政治活動の両面作戦で国民の意識を変える以外にない

唯物論の広まる範囲が地獄領域の拡大につながる 宗教的教えと政治活動の両面作戦で国民の意識を変える以外にない

どうして幸福実現党の活動が支持されないのだろうかと考えていました。
もちろんマスコミが報道しない、その他多くの理由もあると思いますが、天上界の天照大神様からしたらおそらく理由にならないと一蹴されることでしょう。
天照大神様を怒らしたら、もう誰にも止められないと思います。

広まらない理由の一つは、幸福の科学の宗教的な教えが日本国中に広まっていないのが一つの原因であると思います。
日本人に信仰が立たないという理由もここにあると考えられます。
他国では、仏法を一回聞いただけで信者になり国中に教えが報道されるなど信仰心が確立した国がある一方、本家本元の日本には何十年も教えが説かれているにもかかわらず広がり方が遅いです。
もちろん伝道力がない私たちの責任が一番問題だと思いますが、それ以外の理由を考えてみますと、左翼の唯物史観(日教組の間違った教育も含む)が最大の原因であると思います。

神仏を否定し、すべてを物質とその作用、あるいは偶然に考えを持っていこうとします。
すべての第一原因を“神”にしたくないのでしょう。

ですから、世界の英雄や宗教的指導者、救世主という存在を信じたくないのでしょう。

唯物論は邪教より始末が悪いと言えます。
間違った宗教は一般常識がある人たちからみると、言動がおかしい、あるいは行動が不自然であると外部からチェックすることが可能なので、間違っていると判断ができます。

しかし、唯物論は現実的に人に危害を加える、あるいは狂った行動をとるというわけでもないので、外からでは判断がつかないわけです。
そして徐々に人間の精神を高貴なものから動物と同じレベルまでおとしめてしまいます。

動物に宗教的真理を伝えても、伝わらないでしょうおそらく。

ですから日本人の意識の変革が必要です。すべての日本人に宗教的真理を受け入れ神仏に対しての信仰心の大切さを知ってもらうことが、マスコミや左翼系ロボット人間に勝つための方法でもあると考えます。
左翼の人たちが人の命が尊い、戦争反対と言っている理由は自分が死にたくないという理由です。

更に神仏を否定する唯物論の教えは必然的に地獄領域を拡大し、悪魔の活動範囲を広げていることを意味しています。

地上においては、光と闇は相対的と言われていますから、光を広げる以外に方法はないと思います。
日本人のすべてとは言わないまでも、半分を超える人たちが真実に目覚めたならば日本は変わり、幸福実現党にも票が入るでしょう。

私たちは、実現党の政策を具体的に訴える(増税反対や防衛力の強化、憲法改正など)と並行して、宗教的真理も訴えていかなくてはなりません。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:36 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

美しい愛という花を咲かせるには悲しみと試練をのりこえなければなりません

美しい愛という花を咲かせるには悲しみと試練をのりこえなければなりません

「悲しみと苦痛は、やがて“人のために尽くす心”という美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。心を優しく持ち、耐え抜くことを学びましょう」とヘレンケラーはいわれました。

人のために尽くす心とは、与える愛の心だと思います。

また、マザーテレサであったと思いますが、「心から血が流れるくらいに人を愛しましょう」と言われていたと思います。

愛が本物の輝きを有するためには、幾多の試練を耐える必要があると思います。
それは、苦難礼讃することではなく自虐的な心でもありません。

悲しさや苦しみを乗り越えた人が、人の悲しさや苦しみを自分のこととして理解できるからです。

聖書には以下のように書かれています。
「愛する者たちよ、あなたがたを試みるために降りかかってくる火のような試練を、何か思いがけないことが起ったかのように、驚き怪しむのではない、むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい。それは、キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである。」

主のために愛を与えようとする行為が誤解され嘲笑されようとも、やがてそれは、自分の頭上をかざる王冠になるのでしょう。(それを求めてはいけませんが)


主は、私たちを愛していると言われました。
ですから私たちも他の人を愛していかなくてはなりません。
聖書の言葉をかりるならば、
「互いに愛し合いなさい。私(イエス・キリスト)があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
互いに愛し合うならば、それによって、あなたがたが私の弟子であることを、すべての者が認めるであろう。」


愛とは、悲しみ苦しんでいる人、悩みの渦中にある人たちに手を差し伸べたいという思いと行為です。
本当に愛を与えたいという心になるには、試練を耐え抜いてきたという実績が必要です。

ヘレンが言われているように“人のために尽くす心”という美しい花を咲かせる土壌“になるからです。

それは信仰も同じであると思えます。
信仰を手放したいと思うような事件が起きることもあるでしょう。
その時に、信仰心が本物であったのか表面的なものであったのか試されることになるのでしょう。

愛も信仰も美しく花咲かせるためには、苦難や試練を忍耐し乗り越えなくてはいけないと思えます。
天使たちもその姿を見守っていると思えます。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 09:54 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする