2017年06月25日

臨死体験から学ぶ愛の大切さ

臨死体験から学ぶ愛の大切さ

クリスマスキャロルという小説があります。
スクルージという意地悪なお爺さんがクリスマスイブに、過去の幽霊、現在の幽霊、未来の幽霊に出会い、過去や未来において自分の行いがどれだけ人々を傷つけていたかを知るに至り、心を入れかえることによって、すべてが輝いて見えるようになったという話であったと記憶しています。
同じ環境であっても心を入れかえることで、すべてが美しくみえてくるという、宗教的体験でもあると思えます。

臨死体験という実際に霊的世界を体験した人たちは、だいたい共通する認識をもちます。
死に対しての不安がなくなり人生を充実して生きるようになります。
また、愛の大切さに気がつく人が多いようです。ほとんど全員が愛は人生で最も大切なものだと言うようになります。幸福と願望達成は愛の証明であり、愛に比べるとすべてのものは色あせて見えてくるという人が大半です。

また、あらゆるものと、つながっているという感覚があるそうです。宇宙にあるすべてのものとつながっているという感じを抱いて戻ってくるそうです。
臨死体験は知識に対しても、それまでになかった敬意を抱くようになります。
光りの存在に、勉強(学び)は死によって中断されることはないと言われた人もいます。
知識はあの世に携えていくことのできるものであり、来世全体が知識を追求するための世界になっているという人もいます。

また、トンネルを抜けると光りの人々に会うという経験談も有ります。物質的な光で構成されているわけではなく、あらゆるものに浸透し、人を愛で満たすような、美しい強い輝きを放っています。体験者は、「光といっても愛といってもいいのです。結局、同じことなのだろうと思います。」と語っています。
きわめて強い光であるにもかかわらず、眼を傷めることはありません。それどころか、暖かで力強く、生気にあふれているようです。

心臓発作の激痛が、死の苦しみから深い喜びにかわったという報告もあるようです。

こうした体験をするとその後の人生も全く違ったものになるようです。人生をこの世限りだとする人生観、唯物論的人生観からでは、人間は不安と苦しみから抜けることはできません。



ギリシャの哲学者、プラトンの著作『国家』最終章には、戦争で最後をとげたエルという人物が10日前後に生き返り、自分がみてきた死後の世界を語りだす「エルの物語」が書かれています。

戦争で最後をとげた多くの屍体が埋葬の為、運ばれてきましたが、エルの屍体だけが腐敗せず残っています。
12日目、まさに火葬されそうとする瞬間にエルはよみがえり、自分がみてきた死後の世界についての話を始めました。

天の穴と地の穴があり、真ん中に裁判官が坐っていて生前の生き方について、正しい行いをした人に関しては、右側の天を通って上に向かう道を教え、不正をおかした人達については、左側の下に向かう道を教えていました。

エルは近づくと、「おまえは死後の世界について、人間たちに教えなければならないから、ここで行われることをすべて残らずよく見聞きするように」と言われました。

内容は、死後の世界は各人が犯した罪の10倍の償いを受けることになります。犯した罪や悪行はその10倍返しで自分に跳ね返ってきます。善行に関しても同じ割合で自分にかえってきます。

霊的体験が自惚れや慢心につながるのではなく、愛の大切さを実感として感じとれるものでありたいと思えます。

本当の霊性とは、深い愛と関係があるような気がします。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 10:34 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

魂は自由自在であっても肉体に宿ると物質世界のルールに従わなければならない苦しみ

魂は自由自在であっても肉体に宿ると物質世界のルールに従わなければならない苦しみ

どのような偉大な魂であっても肉体をもって生まれてきたならば、物質世界のルール・法則の中で生きていかねばなりません。

仏教では、生・老・病・死といわれる四苦の苦しみを説いていますが、『生』は生まれてくる苦しみであると説かれています。
しかし、魂が肉体という衣を着て生きていく過程においても、やはり、苦しみは生じてきます。

プラトンでさえ、「パイドン」という著書の中で、『肉体は、これを養う必要のために我々に無数の面倒をかけるものだ。それに、病気にでもなろうものなら、我々の真実の探求は妨げられてしまう』と述べています。

ですからプラトンが述べる哲学者の使命とは、魂を肉体の結びつきからできるだけ解放することだと言われています。

真実の哲学が述べ伝える真理は、仏教と相通じるものがあります。
ギリシャ哲学、ドイツ観念論哲学等、すべては仏教に通じていると思います。

魂は本来、霊的世界について語っているところの哲学や宗教を求めているはずです。

しかし、魂が肉体に宿ると、肉体に基づく感覚器官によって魂が堕落する方向に物事を判断してしまいます。

20世紀後半、科学万能主義とダーウィンの進化論、実存主義哲学が世界を覆い尽くしたために、五感を通して確認できないものは、否定する方向で時代がながれてきました。

社会的流れが唯物的なので多くの人達は、人間の本質とは何かを自分で深く考えることなく、テレビや新聞や低俗な雑誌による情報に流され人間の本質を見失っています。

また、過去に説かれ教え、宗教を学び実践している人たちであっても霊的世界を信じることができずに、ただ、お題目を唱えている人たちも数多くいるように感じます。

日本は、法華経、浄土真宗及び浄土宗等、他力本願型宗教が定着しています。
しかし、他力本願型宗教は因果関係を無視して、「南無妙法蓮華経」と唱えれば幸福になれる。念仏を唱えれば幸せになれる等、苦しみの原因を自己責任としないで、他に求める傾向があるのではないかと考えらます。

霊的世界を証明しようとした偉人は、過去数え切れないほどいると思います。
ギリシャ時代のソクラテス、プラトン、キリスト教や仏教、スウェーデンボルグ、ルドルフシュタイナー、日本では、源信、空海等、数えればきりがないほど存在しています。

つまり霊的世界を知る機会は、随所にあるということだと思いますが、霊的世界を知ることで、人生を生きていく意味が全く違ってくると思います。

肉体に宿ることで魂は盲目になりますが、そのような盲目状態で、魂の本質・霊的世界についての認識を得ることが、悟りにつながっていくのでしょう。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:37 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする