2017年08月04日

東京ドーム思い出 その日天上界は空になる イニシェーション秘儀伝授 等 その1

東京ドーム思い出 その日天上界は空になる イニシェーション秘儀伝授 等 その1

思い出ということで、本を見ずに記憶をたどって書いてみます。

1991年が初めての東京ドームにおけるご生誕祭であったと思います。
信仰の勝利という御法話で、初めて『エル・カンターレ』と呼ばれる地球の最高神の名を明かされました。
当時は、天上界のすべての高級諸霊が東京ドームに集結するということで、天上界が空(から)になるというようなキャッチフレーズがあったと思います。
私が一番感動したシーンは、主が天を見上げて、『幾千幾万の諸如来、諸菩薩たちよ 天にある光の存在達よ〜』と言われたところです。

この時は、本当にかっこいいなー迫力があるなーと思いました。
また印象に残っていることとして、総裁の眼が普通ではなかったと記憶しています。
どう表現していいか難しいのですが、霊的な眼といいますかテカーとした奥深い光を有していると言えばいいのでしょうか、わかりませんが、普通ではなかったです。

また、『イニシェーション(秘儀伝授)』では、私はボランティアをしていました。
アリーナ席にいて総裁を近くで見ることが出来ましたが、イニシェーションといわれながら、私達観客の方に光を送ってくださっていたと思います。
確かに、足の裏と体に熱が発生したような感じが実際にありましたし、エネルギーの流れのようなものも感じました。
この日、魂の契りを結んだのだと言われていたと思います。

更に、仏教の教え『悟りの時代』では、内容が深くかなり難しいと感じました。
このような広い会場(ドーム内)でこのような難しい話をするのかと思っていました。

また、『空と阿羅漢』では、龍樹の空の思想を説かれていました。
個人的には、この悟りの内容が好きで、当時、何回もテープを聞き返した記憶があります。

余談ですが、ボランティア活動をしていたら、リハーサルだと思うのですが、総裁がマイクをもって“それでは1曲(歌います)”と出てきたのですが、婦人部が殺到して・・・次に総裁を見ることはなくなりました。


その2を書く予定です。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 04:03 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。