2017年07月02日

宇宙を支配している愛の働き

宇宙を支配している愛の働き

マルクス・アウレリウスは、「善い人間の在り方を如何について論じるのはいい加減で切り上げて善い人間になったらどうだ」と述べています。
愛は、自分自身の自己変革を要求するのかもしれません

ソクラテスは、「一番大切なことは、単に生きることではなく、善くいきることである」と述べています。
ソクラテスが論じている善く生きるとは、どのような生き方なのでしょうか。
人間社会における正しさの価値基準はどのように決められたのでしょうか。

地上における善悪の価値判断の根拠は霊的世界にあり、それが地上に降りてきて具現化されたのだと思います。
霊的世界において、天国と地獄があるということは、善と悪を分ける明確な基準があることを意味しています。

霊的世界における善悪の価値基準が、地上において道徳というかたちで具現化したのかもしれません。

道徳とは、車社会の交通ルールと同じです。
もし交通ルールは必要なく自分の好きなように走りたい、と考えたならば大変な事態になるでしょう。
どこから車が飛び出てくるかわからないし、危険が増すばかりです。
何をしてもかまわないという責任を無視した自由は結局、自分と相手を不幸にする考え方であるといえます。


大宇宙にも正しさの基準、ルールといいますか法則があるのでしょうか。
大宇宙の中では正しさの基準は一様ではないかもしれません。

しかし・・・・

宇宙で一番大切なものはやはり愛なのではないかと思います。

愛は時間や空間をあらしめている力であり、これは単に思想的、宗教的に言うのではなく、現実的、物理的な力でもあります。
愛の大河が静止したら、時間・空間、存在自体が消滅してしまうでしょう。

大宇宙の存在をあらしめている力は、愛と呼ばれるエネルギーの大河です。
宇宙に生きている生命体は、その存在すべては愛によって生かされてます。


その愛の力を少しでも知ることができたなら、謙虚になる以外になくなるでしょう。

愛といっても条件付きの愛は、少なくとも神の愛とはいえません。
無条件の愛といっても、実践はそう簡単にできるものではありませんが、いつもそちらの方向を見ていることが大切であると思えます。

いつもそちらの方向に向いていることが、自分が成長し、神仏に近づいていくことになると思えます。
小さい子供も優しそうな人には自分から寄ってきて、話しかけてくるでしょう。
我々も神仏に向かって心を開いていることが大切なことであるかもしれません。

全宇宙すべての生命体は、深いレベルでつながっている存在です。
そのような視点を持つべきであり、それゆえに信仰心が大切であると思います。

アウグスティヌスは「信仰は目に見えぬものを信ずることである。そして信仰の報酬は信ずるものを見ることのできる事である」といいます。

肉体的感覚器官で確認できる物だけが真実の実在ではありません
むしろ仏教では感覚的なものこそが夢幻と教えています。
過ぎ去っていくもの、変転変化するものは無常であり、蜃気楼とかわりありません。
真実なことは、目に見えないことの方が多いのです。

実存主義も大切ですが、それを超えて宗教はさらに大切であります。
マハトマ・ガンディーは、「宗教心を持たずしては、何人も生きられない。」といいました。

宇宙から見た自分の存在、あり方という観点で考えてみますと、宗教心を深めていくことが人生の王道であると思えます。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:18 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。