2017年04月02日

形式にこだわると争いが生じる 宗教の本質は愛である 

形式にこだわると争いが生じる 宗教の本質は愛である 


イスラム教は、偶像崇拝を否定します。
また、ユダヤ教においてもモーゼは偶像崇拝を否定しました。

しかし、偶像崇拝を否定した本当の意味とは何かを考えてみますと、人間には仏性や神性があるという点で、本質的に神と同じものがありますが、だからといって神ではありません。

偶像崇拝を否定する本来の意味は、人間が神と同じように、同列に見られる恐れがあり、神に対して畏敬の念をもつ必要性を感じなくなる可能性があるからだと思います。

ある意味において、形だけを守ることに重点がある宗教は、知らず知らずのうちに唯物論的な考え方に影響を受けているように感じます。

仏教の宗派の一つに座禅を中心に進めるところがありますが、形のみで中身があるとは思えません。
形だけを見れば、仏陀も座禅をしていましたが、ただ座っていただけでないことは明らかです。
瞑想して霊天上界と交流していたのでしょう。

ですから、偶像崇拝自体が間違えというわけではなく、心から神に対して信仰心があると言えますか、畏敬の念をお持ちですかという点が大切なのだと考えます。
偶像をみたら破壊する行為は、明らかに間違えであり、神の御心から離れています。

世界の三大宗教である、キリスト教・仏教・イスラム教の教えは、本来、根源の神から降ろされた教えであると教わっています。

その根源には、愛と慈悲と智慧の神である主エル・カンターレという御存在がいます。
主は多様な教えがあることを「よし」とされています。
なぜ、多様な教えがあることを善としているのでしょうか。
それは、自分が正しいと思っている教え以外にも、神の正しさを有している教えがあり、そのような多様な神の教えを学ぶことで、無限に進歩する可能性があるからだと思います。

しかし、哲学的には人間の認識力に限界がないと説いている哲学者もいますが、一般的に言って人間の認識力には限界があると考えていいと思います。
ですから、他の宗教との違いに関心が集中して、共通点を見出し理解し合うということができませんでした。
理解ができないということが憎しみに変わり、相手を否定する行為につながっていったのでしょう。

仏教には転生輪廻の思想が確立して、当然のこととして仏教徒たちに受け入れられていることでしょう。

ところがキリスト教には転生輪廻の思想が、聖書を読む限りにおいて明確に説かれているとは思えません。
しかし、よくよく聖書を読んでみると、転生輪廻の思想がなければ成り立たない会話があります。
「イエスが弟子たちと、ピリポ・カイザリアの村々へ出かけられたが、その途中で、弟子たちに尋ねて言われた、『人々は私を誰と言っているか』。彼らは答えて言った、『バプテスマのヨハネだと言っています。また、エリアだと言い、また預言者の一人だと言っている者もいます』

上記の会話は、転生輪廻を前提として受け入れていなければ成立しないと自分は考えます。
おそらくキリスト教が国教になる時点で、転生輪廻の思想が削除されたのではないかと考えられます。

正統派といわれる教会は転生輪廻の思想を異端として退けてきましたが、実は、教えとして十分に残っていなかったことが原因であったということです。

ですから、仏教とキリスト教は相性がいいのです。
というよりイエス様は仏教の教えを学んだといわれていますから、キリスト教には仏教の教えが含まれているのです。
グノーシス派では、人間の悩みの原因を智慧の不足と考えていたようですが、仏教においても苦しみの原因は、真理を知らない無明が原因であるといわれています。
キリスト教の愛の教えと仏教の慈悲は同じものでしょう。

仏教とキリスト教は融合可能な宗教です。

しかし、ここで『われ以外、神なし』と言った霊存在がいます。
この霊存在は、ヤハウェといわれていますが、ヤハウェはアブラハムであり、ルーズベルト、フビライ・ハンといわれる霊存在です。

われ以外に神がいないということは、必然的に他の宗教の神は偽物であるということにつながります。
これが、宗教同士で争いが絶えない根本的原因であると考えられます。
信じれは信じるほど骨肉の争いに突入します。

宗教間の争いは、神の責任ではなく、神の教えを正しく理解できなかった人間側の認識力の問題であるともいえます。
宗教間の争いを思想レベルで統合し、止揚統一できる宗教は、幸福の科学の教えであります。
思想レベルで融合し、具体的力によって教えを広めることが地球レベルの平和につながるものだと信じる者です。

ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:44 | Comment(2) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。例えば、御法話のレジュメを転載する行為(形式)についも、主は、教団が発表したことと違う感想を幹部に漏らされたそうです(だからと言って、やっていいというわけではありません。その国の文化などによって変わると思います)。

形式にこだわり、そういうことを知らないで争うと、「え? 嘘だー!」っとなってしまうので、気をつけなければいけませんね。


コピペに関しては、ガンさんと似たような意見ですが、良し悪しはそのサイトやブログや管理者や、メールの送信者が決めることですので…。

ピコ太郎のように、権利を侵害されているのは知っているけど、そういう侵害行為を利用して広げる手法もありますからね。

私がこれから作るものも無断転載されていくでしょうし、「どうしようかな?」と思っていますが、これは私がコントロールするものです…。

多分、放置して広げることを選択すると思います。


頑張ってください。
Posted by 匿名希望 at 2017年04月10日 09:58
書き忘れました。

「少女A」って、今の学生さんは知っているのかな?

やっぱり、中身はおじさんかな?


天上界から期待されていることを実現するのみ、です。

頑張ってください。
Posted by 匿名希望 at 2017年04月10日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。