2017年03月13日

悪魔の攻撃パターンを分析する

悪魔の攻撃パターンを分析する


宗教や神秘学でも言われていると思いますが、悪魔が最初にする仕事は、霊的なものから人間の関心をそらそうとすることです。
「目に見えない霊的世界」、「人間の本質は肉体に宿っているところの魂である」このような霊的真実を嘲笑しあざ笑うように仕向けてきます。

これは、現代に蔓延している唯物論的価値観であると言えます。
目に見えないもの、科学的証明が不可能なもの等、すべては肉体的感覚を中心とした考え方で物事の価値を決めようとします。
これらは、すべて人間を有限な世界に閉じ込めた世界観であり、人間を最終的に堕落される方向に向かわせることになるでしょう。

このような物質がすべてとする唯物論的考え方に人々を引きずり込むという攻撃パターンがあると思います。


聖書には、イエス様が40日40夜、荒野において悪魔の試みを受けています。
イエス様は断食をし、空腹になられていたと聖書に書かれています。
その時の悪魔は、イエス様を誘惑してきます。
「もしあなたが神の子であるなら、これらの石をパンになるように命じてごらんなさい」
と誘惑してきます。
「人はパンだけで生きるものではなく、神の口からでる一つ一つの言葉で生きるものである」
とイエス様は切り返します。
更に悪魔は、イエス様を聖なる都に連れていき、宮の頂上に立たせて、「もし、あなたが神の子であるなら、下へ飛び降りてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手で支えるであろう』と書いてありますから。」と誘惑してきます。
ここで確認しておかなければならないことは、悪魔も聖書の言葉を引用するということです。
現在でも宗教的悪魔は、生半可な宗教用語を使って誘惑してきます。
「主なるあなたの神を試みてはならない、と書いてある」とイエス様は切り返します。
次に悪魔は、イエス様を非常に高い山に連れていき、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言います。
「もしあなたが、ひれ伏して私を拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」と誘惑します。
「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を排し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」と切り返します。

これらを読んでみると、悪魔の攻撃パターンが見えてきます。
それは『誘惑』です。
地上的喜びや快楽を餌に、修行者を堕落させようとしていることが明らかに見て取れます。

更に、仏典や仏陀の証明には悪魔の軍隊の諸相が書かれています。
順に書いていきますと、「欲望・嫌悪・飢渇・妄執・ものうさ・睡眠・恐怖・疑惑・みせかけと強情・誤って得られた利得と名声と、自己をほめたたえて他人を軽蔑すること」です。

信仰心が確立し、教団内部が固まってきますと、こんどは外部からの攻撃が開始されます。

スンダリー事件とチンチャー事件です。
教団を貶めようと、いろいろな画策をして、世間の信用や信仰心をぐらつかせようと働きかけてきます。

イエス様の場合、ユダがイエス様を試そうとして、わずかな金銭で主を裏切りました。
ユダの裏切りによって、外部の敵を引き寄せてしまいます。

このようにみていきますと、悪魔の攻撃は大きく分けて二種類あると言えます。
一つは、直接的攻撃、間接的攻撃です。
二つ目は、誘惑です。
攻撃をしかける悪魔は、人間に不安・恐怖を与え、精神性を否定したいという思いを引き出そうとします。ゾロアスター教の闇の神アーリマン的存在でしょうか。

誘惑する悪魔は、人間を夢想や官能の世界に引きずり込んで、霊的世界から目をそらせようとします。
アダムとイヴを誘惑した蛇、堕天使ルシファー的存在でしょうか。

これらの攻撃や誘惑に勝つためには、信仰心を手放さないということに尽きると思います。
その信仰心が本物か偽物か試される時があるかもしれませんが、最終的に勝つためには、信仰のロープを手放さないということだと思います。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:39 | Comment(4) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を読んで、経典を読んではいるものの、私の中にあてはまる部分がたくさんあり、まだまだ、主を試すような疑問がムクムクでている自分に気付きました。イエスや仏陀の弟子に道を誤ってしまう方がでてきますが、本当にきをつけないと、人のことはいえない、自分の中にゴロゴロあるなあと思います。ありがとうございます。
Posted by 信者 at 2017年03月13日 12:26
「信者と信者を戦わせる」というのもありますよ。

3月6日、Twitterに神武桜子さんのなりすましが現れました。

そして、いつものように、それを擁護するアカウントも。

そうやって、本物か、偽物か議論させ、争わせます。

もちろん、真偽の判断は大切ですが、こういう争いの中にも、悪魔が入ってきます。

争いの中に悪魔が入ってくるといいますか、悪魔がアンチにそういうことをやらせているんだと思います。


なぜ、それが分かるかといいますと、中身がぽん吉っぽいからです。

その擁護してるアカウントも、3月に作られていましたから、きっと同一人物なんでしょうね。
Posted by 匿名希望 at 2017年03月15日 02:34
コメントありがとうございます。

自分自身の内に潜んでいる、己心の魔が、外の魔を引き寄せるのでしょう。

実るほど頭が下がる稲穂かなという心境が大切かもしれません。
(もちろん、私自身にも含めてですが・・・)

自分に厳しく、人には優しくありたいものですね。

Posted by ガンちゃん at 2017年03月15日 04:45
神武さんのツイッター。本物だったみたいですね。

てっきり悪魔が体を熱くさせているのかと思いましたが、普通に天上界からの光だったようです。

「戦え!」ということだったのかな?


本物だったということが確定したからなのか、擁護していた「シヴァ神」というアカウントが消えたような気がします。

擁護していたのに消えるなんておかしいですね。中身はなんとか吉とか、なんとかポールなんでしょうね。

しかし、光の量が尋常じゃなかったので、逆に悪魔かと思ってしまいましたよ。

そういう状態が3日も続いていたので。

もっと自分を信じれば良かった。


静観してて良かったです。
Posted by 匿名希望 at 2017年03月21日 06:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。