2016年12月31日

実数(正)宇宙の影に隠れて影響を及ぼす虚数(反)宇宙

実数(正)宇宙の影に隠れて影響を及ぼす虚数(反)宇宙


私達が生存する宇宙を正宇宙とするならば、正宇宙と対をなす反宇宙が存在すます。

超高次元エネルギーのバランスが崩れ、超高次元エネルギーに低圧帯と高圧帯が発生します。
超高次元エネルギーのバランスの回復運動がおこり、低圧帯が消滅するときに渦が発生します。その一つが私達の存在している宇宙です。高圧帯は正宇宙とは反対方向に回転する渦であり、その渦が反宇宙を構成していると考えました。

低気圧(低圧帯の渦)
image02.jpg

高気圧(高圧帯の渦)
image01.jpg


実数(正宇宙)と虚数(反宇宙)は、符号を除くと両者の実数値は対等に計算できます。
基本的に、正宇宙と反宇宙は交わることがなく、反宇宙は正宇宙に隠された世界かもしれません。

例えば、次のように考えることも可能かと思えます。
横の線を実数軸、縦の線を虚数軸とします。実数軸と虚数軸を組み合わせることで複素数の空間を創造することができます。

例えば、Re(Z)=3  Im(Z)=4iとします。Z1=(3+4i)になります。
複素数Z1には、実数軸で折り返される鏡像があります。これを共役複素数C(Z1)とよばれます。
3+4iの共役複素数は3−4iです。
ある数を共役複素数と掛け合わせると、答えは実数になります。

共役複素空間 計算式.jpg

複素数と共役複素数を組にすると、結果は常に実数になります。超ひも理論入門(下)ブルーバックス参照
つまり、実数(正宇宙)の背後には虚数(反宇宙)が存在しますが、私達の世界からは隠された状態になります。
共役複素数. 1.gif

反宇宙と正宇宙は相互に交信できるのでしょうか。
基本的にはできないと考えています。
理由は、正宇宙から発信した電波は、反宇宙に届いた瞬間に、打ち消し合って消滅してしまうと考えられるからです。

しかし、例外もあるようで広大な宇宙の特定の場所では、宇宙と反宇宙が交わる空間があるようです。

反宇宙とはどんな世界なのでしょうか?反宇宙にもパラレルワールドや霊界のような次元構造があるのでしょうか。(私は、現時点で反宇宙とパラレルワールドは別々にわけて考えています。)

ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:53 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。