2016年10月23日

ピラミッドパワーの秘密について

ピラミッドパワーの秘密について

裏宇宙とダークマターの関係を考察する過程で、ピラミッドパワーについて考えてみます。
私達が存在する宇宙とは別に、裏宇宙が存在します。
トス神によりますと、マイナスでできた裏宇宙があり、数学で言われているところの虚数の世界です。と書かれていました。

裏宇宙が私たちに確認できない理由は、虚数の宇宙は、常に実数の裏に隠れて表には出てこないからかもしれません。

その理由を簡単に証明します。
横の線を実数軸、縦の線を虚数軸とします。
実数軸と虚数軸を組み合わせることで複素数の空間を創造することができます。
例えば、X=2 Y=3iとします。z=(2+3i)になります。
複素数zには、実数軸で折り返される鏡像があります。これを共役複素数z ̅とよばれます。
2+3iの共役複素数は2−3iです。ある数を共役複素数と掛け合わせると、答えは実数になります。

共役複素空間 計算式 1.bmp

になります。

複素数と共役複素数を組にすると、結果は常に実数になります。表現を変えますと、実数宇宙の根底には、複素数とその共役複素数の積があるかもしれません。超ひも理論入門(下)ブルーバックス参照

共役複素数.png


複素数と共役複素数を組み合わせて実数の答えを得ることで、数学的複素性は常に我々の目から隠されてしまいます。
裏宇宙を仮定することにより、共役複素数を次のように理解します。
実数 実次元におけるエネルギー
i(虚数) 裏宇宙における虚数粒子のエネルギー
共役複素数 実数・虚数を実次元と虚次元(裏宇宙)に置き換えます。実数、虚数はコインの表と裏の違いで、根源的なエネルギーの現れ方の違い(共役)なのではないかと仮定します。

次に裏宇宙とダークマターの相関関係はどうなっているのか。

まず、ダークマターの候補をあげてみます。宇宙のミステリーダークマタ―丸善 参照
ニュートリノもその一つです。ニュートリノに質量があることが観測結果からわかってきました。
最近の研究により,ニュートリノが飛行中に別の種類のニュートリノに変化してしまう,「ニュートリノ振動」と呼ばれる現象を起こしている事が観測されました。
ニュートリノ振動はニュートリノが質量を持っていなければ起こりえない現象である事から,ニュートリノがゼロでない質量を持つ事を間接的に証明した事と言えます。
僅かな質量でも、ニュートリノは光の数ほどあるといわれていますので、宇宙に影響を与えていると考えます。

「アトランティス文明ピラミッドパワーの秘密を探る」でトス神は、「ダークマター(暗黒物質)は、光や熱、さまざまな存在の一部を、負の存在のほうに吸い込んでいく形質を持っている」と言われていました。
そして、ダークマターが一定の比率で存在し、そこから吸い込んだ世界に裏宇宙が出来上がっていると書かれています。
ここにマイナスのエネルギーでできた裏宇宙があり、それは数学でいわれているところの虚数の世界です。とも書かれています。

ですから、虚数の世界が裏宇宙であるということになります。

ピラミッドとダークマターあるいは裏宇宙との関係を考察していきます。

まずは、ピラミッドパワーによって、もたらされる現象をいくつかまとめてみます。
@ ピラミッドパワーは、宇宙にあるエネルギーを吸収、増幅する作用がある。
A ダークマターの交渉を避ける働きがある。
B 24時間以内という条件付ではあるが、失われた肉体の蘇生が可能である。
C 防腐作用および成長促進

ピラミッドパワーといわれるこれらの働きに共通している点は、エネルギーの減少を防ぐ作用およびエネルギーの吸収増幅でしょうか。

ダークマターと交渉が始まりますと、老、病、が促進されていくようですが、ピラミッドパワーは、ダークマターの方向に流れ出すエネルギーを食い止める作用があると同時に、宇宙のエネルギーを吸収し増幅する作用があるので、防腐作用や成長促進が可能であると推測します。
更に、増幅したエネルギーを物質に変換する働きがあれば、肉体の損傷を蘇生することも可能であると考えられます。

ピラミッド内部空間には、宇宙から吸収したエネルギーが貯蔵されていると考えられますから、ピラミッドの内部空間に入ることで、エネルギーの供給を得ることが可能になると思います。
それによって、肉体を構成している細胞も活性化され、心も瞑想するのに適した状態になるのかもしれません。

更に、ピラミッドの内部空間に蓄積され増幅されたエネルギーは、ピラミッドの頂点から放射されることも可能であるようです。

問題は、その仕組みですが、宇宙にあるエネルギーを引きてくるには、波長同通の法則が働いているかもしれません。
波長が同通することで共振します。
共振とは、振動体の固有振動数に等しい振動が、外部からその振動体に連続的に作用すると振動の振幅が大きくなる現象です。
例えば、まったく等しい特性をもつ2つのおんさを並べて置き、一方をたたくと他方が次第に強くなりだすのは、共振によります。

ピラミッド内部で、宇宙のエネルギーと共振する振動が発生して、エネルギーを引いてくる、そして、内部空間で増幅(振動の振幅が大きくなる)されたエネルギー(エネルギーと振動数は比例する)を三角形の頂点に集約して外部に放射することが可能であると考えられます。現時点では

ピラミッド.bmp


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 03:29 | Comment(0) | 物理・科学・宇宙論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。