2016年09月27日

正当な批判を相手の体質にすり替える狡猾さ 真理を反省に使わず自己防衛に使う狡さ

正当な批判を相手の体質にすり替える狡猾さ 真理を反省に使わず自己防衛に使う狡さ

誰の言葉であったか忘れましたが、悪魔も聖書を引用するといった意味の言葉を聞いたか読んだかした覚えがあります。

自分の過ちを指摘されて、それを批判体質という言葉で相手の人間性にすり替えようとしても無駄です。
体質というのであれば、すべての人に対して批判するでしょう。

しかし、ガンブロが批判する人は、コウとピッポぐらいです。
特にコウは、言っていることと、やっていることが違うのは、関係者の方はすべて知っています。

自分が批判された原因を棚上げして、批判したところだけをクローズアップして自己防衛しているようですが、話をすり替えています。

基本的に、人を批判することはよくないでしょう。
しかし、相手の過ちに対してする批判は正当性があり、批判のための批判とは違います。
そこは、分けて考えるべき一緒にすべきではありません。

自分が過去してきた、相手に対する批判はまったく棚上げして、自分に向けられた正当な批判に対しては、おかしいと考えているのですから、いくら真理の言葉を羅列しても信用することができません。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 08:28 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善人という仮面で正義を装っても邪悪な心の波動は隠せない

善人という仮面で正義を装っても邪悪な心の波動は隠せない


悪霊・悪魔と言われる存在も、光の天使の真似をすることが可能であるといわれています。
闇の存在であるからこそ、光の天使のふりをして人々を騙そうとするのでしょう。

通常、私たちの判断は、外見によってある程度の印象を受けます。
その印象が正しいものなのか、間違ったものなのかは、時間の流れの中で明らかになるものです。
初めの印象とは別に、なぜ、時間の経過とともに相手の人柄や考え等がわかってくるのでしょうか。

それは、表面的に善人を装っても、その心から発する波動までは、ごまかすことも隠すこともできないからです。

霊界においては、思いによって容姿を自由自在に変化させることができるといわれています。
心に念じることによって、その念波と言いますか周波数が、テレビの画像を映し出すがごとく、自分を違った状態に映し出すことができるのです。

ですから、表面的な部分だけで判断すると、大抵は間違いをおかしてしまいがちです。

実際、愛の心を持ち正義の実現を強く願っている人から発するオーラあるいは、波動は見せかけの人とは全く違います。

今は絶版になってしまったのかもしれませんが、『信仰と情熱』という真理の書物がありました。
プロの伝道者向けに書かれている内容であると思います。

その中に書かれている内容の一部分を紹介します。
「もし、自分自身の心の中に持っている光が、イミテーションの光であるならば、まがいものの光であるならば、みなさまがたが指導して、他の人々の心のなかから導ける光もまた、摸造真珠の光であり、摸造ダイヤの光でしかありません。
中略
しかし、一見同じように見えても、私たちは見た瞬間にそれが本物ではないことがわかります。
なぜか。
それは、イミテーションのダイヤモンドが光すぎるからです。ダイヤモンドに似すぎているのです。
あまりにも、直接的な光が出すぎているのです。
あまりにも、キラキラしすぎているのです。
なぜ、それほどキラキラしているのか。
それがイミテーションであるところの理由なのです。
本物というのは、深いところから光が出ていて、その深いところの光は、決して他の人々を挑発し、他の人々を誘惑し、そして迷いの中に魅き込むような、そのような光でありません。

本物は、深いところからじわじわと味わいのある光が出ていて、そしてその光は、しばらく眺めていると、自然に魅き込んでいくような魅力を必ずや持っているはずです。
外に主張していく光ではなく、内に魅き込んでいくようなそんな光を、本物は有しています。
この違いを、はっきりと知らねばなりません。」


つまり、修行が十分に完成されているわけではなく、学びも中途半端であるのに、外見だけ悟ったふりをするなということです。
もちろん、上記の文章にはそれ以上の深い意味合いがありますが、外見だけよく見せようとしてもだめだということです。

特に救国だの愛国だのと並べている人物は、人間としての基本ができているとは思えません。

霊的世界からみた私たちの心の中は、思っていること、考えていることが、すべてわかってしまう世界です。
そのぐらいのことは知識として知っているという前提で考えてみますと、それでも救国だの愛国だのというある人物は、嘘、偽り、捏造、印象操作、正当な批判ではなくただの悪口をしても、まったく自分が悪いとは思わないという、超自我の塊・新人類です。

あまり長時間書いていると、私の方も霊的に影響されてしまうかもしれませんので、ここまでにします。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:43 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする