2015年05月12日

この世的常識を超えて霊的価値を受け入れる

この世的常識を超えて霊的価値を受け入れる

地上的常識として考えられていること、今までの既成の観念や概念が本当に正しい価値基準を有しているのでしょうか?

現在の左翼思想による唯物論、その唯物論よる教育や自虐史観等が、一般的常識として何の疑問もなく社会の中に根付いているかにみえます。これが高度な文明を享受する人類の姿と言えるでしょうか。

人間は感性的、条件反射的に物事に反応して生きていたのでは、魂的には進歩しないと思えます。

現時点では、霊的世界に関して一部ではその存在を信じ探究している団体もいると思いますが、世界全体から見たら、唯物的人生観や唯物的世界観が蔓延していると思います。

物がすべてとする唯物論者は、決して目に見えない霊的世界を信じないでしょう。

しかし、目に見えないから信じないというその態度は、間違った姿勢であると思います。

例えばルイ・パストゥール以前、細菌やバクテリア等は存在しないと考えられていました。
ただ目に見えないという理由によって。
また、地球は平らだと考えられていた時代があり、当時の人たちはそれが常識と考えていました。
あのライト兄弟も人が空を飛べるわけがないと思い込んでいた人たちから、気がくるっていると思われていたようです。
いかに現代信じられている常識が不確実なものであり、根拠があいまいかということです。
感覚器官で確認できないものや、経験を通してわかりえないものは学問の対象外として取り扱わず、無視する態度が本当に正しいのでしょうか?

成功法則には、「潜在意識は現実と想像を区別することができない」と書かれているものもあります。
確かに思いの持続と努力を結びつければ、想像した内容は現実化してくると思います。潜在意識と言われても目に見えるわけではないので、実験で確認しようがありませんが、確かに物理的作用や力が働いていると考えられます。

霊的世界観を受け入れて、真理の知識を理解し、行動に結びつけていく人生が、人間としての正しい生き方だと受け入れて、流されない人生を送ることが大事であると思えます。

宗教家のノーマン・ヴィンセントピールは「大きな人生を望むなら、大きな夢を見なければならない」といいました。
見えない潜在意識を前提にした言葉ではあると思います。

現代社会は将来の不安や恐れがあり、かなりのストレスを感じる社会環境でありますが、恐れ不安も持続的に思い悩みすぎると、逆にそれを引き寄せてしまうと言われています。
しっかりとした信念、あるいは宗教的には信仰心をもち、土台がしっかりとした不動の人生を送ることができれば幸せかなと思えます。

このような言葉があります。「恐怖がドアをノックする。信じる心が応えると、そこには誰もいない」。なんであれ目標を達成するためには、信念が大事であり信仰心を持ち続けることが重要だと思います。

新約聖書には、「魂のない体が死んでいるのと同様、行動の伴わない信仰も死んでいる」と書かれています

自分を含めて宗教的に生きるには、霊的価値観を受け入れ、地上における経験は魂の進化につながると考えることだと思います。

ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 09:40 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

相手の気持ちがわかる人に・・・

相手の気持ちがわかる人に・・・


子供が怪我をしたとします。母親ならどのような対応をするでしょうか?
「どうして(なぜ)怪我をしたの」と言う母親がいます。これは結果(怪我をしたこと)を生じさせた原因を探索する態度です。これはどちらかといえば理性に基づく対応で、近代社会の中で身に付けた思考形式だと思います。
しかし、一方で人間は、感情というものがあります。喜怒哀楽といわれるように、嬉しかったり、悲しかったり、楽しかったりするものです。この感情に対しての対応が人間の信頼関係を形成する際に、非常に重要な役割を果たすと思います。

子供が怪我をした時に、どうして、なぜと原因を問われるよりも「○○○ちゃん、怪我をしちゃっていたいよね」と子供の立場になって(共感)話した方のが、気持ちが伝わりやすいと思えます。

子供に限らず、わかってほしい気持ちとは何かを感受性によって理解しようとし、その気持ちに寄り添いながら、信頼関係をつくりあげていくことが大切なのではないかと思います。

また、思いは黙っていては相手に伝わらない場合が多いです。
霊的世界は、思いの世界ですから、感じたことや考えたことがストレートに相手に伝わり、自分の本心がわかってしまいます。いいのか悪いのか隠し事ができない世界です。
しかし、地上において自分の思いを伝えるためには、言葉が必要です。
言葉で自分の思いを伝えるには、ほんの少し勇気がいります。
相手は、その一言を待っているかもしれません。
恋愛に関しても、自分のプライドをすて、素直に照れずに言葉を使えば、思いは相手に届くものだと思えます。

共感とは、他人の体験する感情を自分のもののようにすることと一般的には言われています。
また、受容とは、ありのままに他者の気持ちや、おかれている状況などを受け入れることです。

大切なことは、相手のわかってほしい気持ちに並び立ち、一緒に喜び、悲しむという姿勢だと思えます。

人間は、その人の人生という歴史を通じて人格・性格を築き上げていきます。
その人の人生をすべて受け止めるようになれればいいなと思えます。

相手をあるがままに受け止めるということ、包容力と言ってもいいのですが、かけがえのない個人を大切に考えていければと思います。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:59 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする