2015年01月31日

霊界を前提にした十二支縁起

霊界を前提にした十二支縁起

お釈迦さまが菩提樹下で悟った「因縁の理法」は惑・業・苦の三道といわれています。
惑とは、心の三毒といわれる「貪・瞋・癡」です。
貪りの心、瞋の心、愚かな心で、仏法真理を知らない無明からくる迷いの人生です。
迷いの人生を生きることで苦しみを作り、それが業としてあるいは、魂の傾向性として輪廻の主体となる意識に刻印されます。その結果、苦しみという報いが身に及んできます。

この惑・業・苦をさらに分析的に十二にわけた因縁の説明が、十二支縁起になります。

十二支縁起とは、
「無明」・「行」・「識」・「名色」・「六処」・「触」・「受」・「愛」・「取」・「有」・「生」・「老死」からなります。

「無明」とは明かりがない状態です。智慧の明かりがないという意味で、心の三毒「貪・瞋・癡」中心の迷った思い、考えです。貪りの心、瞋の心、愚かな心です。その思いにもとづく行い「行」があります。無明からくる行いによって、業が形成されます。過去世の無明からくる行いから、生まれ変わりの主体、輪廻の主体になる一定の意識が形成されます。その業が魂の傾向性として刻印されますと、来世生まれ変わる時の魂の主体となる「識」ができます。
この生まれ変わりの「識」が、身体の中に宿ってくることを「名色」と言います。『名』と『色』は精神と肉体あるいは、心と体を意味しているようです。
しかし実際は、「名色」の段階では、まだ意識は霊界で対機中です。一方おなかの中では、動物の子どもの様なものが出来上がりつつあります。
精神と肉体という意味の「名色」は不適切であって、本当の意味では、肉体が明確化してくるという「名色」といった意味合いの言葉のほうが正しいようです。魂が宿っていないので心と体という意味の名色という言葉は正しくありません。悟りの挑戦(上)参照
それから、「六処」という「眼・耳・鼻・舌・身・意」という感覚器官が明確になってきます。感覚器官が発達してくると、その器官に対応する感触「触」を感じとります。
感触がわかるようになると、感じとる能力、感受性がでてきます。感じとったものに関して、自分の感想、考えを持てるようになる精神作用の一つです。
感受性がでてきますと、自分の好き嫌いが明確になり、欲望がでてきます。これが「愛」で、キリスト教的な博愛や、与える愛という意味ではなく、パーリ語で「タンハー」渇愛という意味です。欲望がおさまらない状態です。
つぎに「取」がきます。自分の欲望の対象を手に入れたい衝動がおきてきて、本格的な執着がでてきます。このような執着の心が何年も継続していくと「有」の状態になります。
今回の人生で身に付けた、魂の傾向性です。
そしてまた来世、生まれ変わりの「生」があり「老死」となります。

最初の無明と行が過去世に対応しています。人間の生まれ変わりが前提にあるので、当然、霊界を肯定した思想になっています。

転生輪廻の思想を、分析的あるいは哲学的に解説していますから、観念論哲学に近い感じをうけますが、転生輪廻や因果応報を信じることで、人生観が全く違ってくると思います。唯物的世界観を人生の根底に持っている方は、この人生を有限として見ているのでしょうから、生きている間に好きなことをしなければ損だという考え方になってしまうでしょう。努力しても死んだら終りだと思えば、それは無駄な努力と考えるのも仕方がないかもしれません。

しかし、転生輪廻(生まれ変わり)を信じ、因果応報を信じる人達は、人生に無駄なものは無いという考え方ができるので、魂にとって本当に実りのある人生を生きていくことができると思います。

仏教を唯物論的に解釈しようとする流れもありますが、仏典を詳しく調べてみれば、霊界がなければありえない話が随所に書かれています。

現代的にも知性、理性的な判断や考え方を重視しながら、霊的世界に参入するという両面性が大切なことであると思えます。

この世的仕事能力や理知的な判断と、霊界世界という感性に近い能力とを止揚統合していく、弁証法的考えが仏教の基本にあるように思えます。





ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 17:49 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

天台智の思想と空海の思想

天台智の思想と空海の思想

天台智の思想で知られているのは一念三千論でしょう。一念三千論とはどのような思想か考えてみます。

一念三千論
法華経を勉強するにあたって大切な考え方として十如是があります。
十如是とは、「如是相」・「如是性」・「如是体」・「如是力」・「如是作」・「如是因」・「如是縁」・「如是果」・「如是報」・「如是本末究竟等」の十個があり、この世のあらゆるものはこの十種類をみれば違いが分かるということです。
以下の説明をすると
如是相とは、外に現れる様相、外見である。優しそうだとか怖い感じがするだとかそのような外見です。
如是性とは、その人に備わった性質、性格です。勤勉であるとか努力家であるとか、その人の性格を表しています。
如是体とは、どんな体型、体つきでしょうか。スポーツ向きの体型なのか、やせ型か標準タイプか肥満型なのか、体型等の違いです。
如是力とは、潜在能力で、どのような潜在的な力を持っているか。
如是作とは、それが外に対して現れる作用、どんな作用を表しているか。
如是因とは、ものの生起を導く直接原因で、その人はどのような原因行為をしているか。
如是縁とは、その原因行為を補助するための条件。
如是果とは、原因と条件によって導かれた結果。
如是報とは、その結果に対しての報い。
如是本末究竟等とは、如是相から如是報までが、関係しあっているということです。
この十種類を観察することで、あなたはこのような人です。あるいは他の人とのちがいがわかるという考えです。
さらに、十界互具説という教えがあり、人間が地上に生まれてくる前にいた霊的世界があります。
「地獄」・「餓鬼」・「畜生」・「阿修羅」・「人間」・「天上」・「声聞」・「縁覚」・「菩薩」・「仏」の十個に世界に分類します。
地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上の六道が欲界の世界であり、欲望から十分に逃れていない人間が転生する世界という考えです。
感情のままに怒りまくれば「地獄」に通じます。また、ある物に対して強い執着を持てば「餓鬼」に通じます。人間の尊厳を忘れ、肉体に基づく欲望のままに生きれば「畜生」の世界に入り、闘争と破壊に生きれば「阿修羅」になります。「人間」とは一般的な平均的人間で、「天上」はちょっとすぐれた人間を現わしていると考えます。「声聞」は仏陀の説法を聞いて勉強している人で「縁覚」は独りで修行を続けているような人です。「菩薩」は人助けや人を救うことに邁進しているような人です。
そして、菩薩の五十二段界を超えたら「仏」になれます。

このどこかの世界に、自分自身の魂の出自があるという考えですが、この十種類の心の在り方は、地上に生まれてきた人間も十種類の思いを出すことができます。
菩薩の心であったとしても、何かのきっかけで怒りがこみあげてくれば、やはり心境は地獄に通じてしまいます。また、菩薩の行為をするといっても、菩薩が菩薩の行為をするのと、仏が菩薩の行為をするのと、地獄から抜け出してやっと霊界に帰ることができた人が瞬間的に菩薩の行為をするのでは、やはり違いがあると思われます。
現在の表面的な思いだけで判断するのでなく、裏側も含め両面から確認していく考え方です。
もともとあの世の素性が十種類あり、この地上に出てからの心境に十種類。十種類の人がそれぞれに十種類の心の出し方ができるので十界掛ける十界で百界となります。
この百種類の心境に十如是の思想を掛け合わせると、百界掛ける十如是で千になり、これを「百界千如」といいます。

さらに人間が百種類の心をだす、活動の場として、三種類の世界「三種世間」がある。
一番目は「衆生世間」で人間の世界です。老若男女の違いでも、物事のとらえ方考え方が違うであろうし、20代と40代でも認識の仕方が違うと思います。学生と社会人でも、同じ人間社会にいながら考え方はずいぶん違うと考えます。
二番目は「五陰世間」です。人間を作っている要素を五陰といって「色」・「受」・「想」・「行」・「識」です。「色」は肉体で、「受」は感受作用、「想」は想い。「行」は行為をするための意思であり、「識」は認識力の識です。
このどの部分を使うかによって対象に対しての知覚が違ってくると考えます。仏陀と一般の弟子では同じ対象を観察してみても認識力が天と地ほどの差がありますので、全く違うとらえ方をしていると思われます。
三番目は「国土世間」です。共産主義の国と自由の国、独裁政権の国ではやはり物事の考え方が違うであろうし、日本やアメリカ、フランスの違いによっても物事のとらえ方や考え方が全然違うでしょう。文化や教育も違います。それゆえに物事に対しての認識の仕方も違うと考えます。

「百界千如」に「三種世間」を掛けると「三千種世間」となり三千という数字が出てくる。

「一念三千」的にその人の考え方や心の在り方次第で、その人の運命や、環境も変わっていくという深遠な仏教的教えです。

更に天台智の思想を摩訶止観と悟りの挑戦を参考に考えていきたいと思います。

摩訶止観には、「如来は常に二諦(真諦と俗諦)によって法を説かれるのである」とあります。これは、三諦円融の考え方の基礎にあるのではないかと考えます。
常に地上は、対立・矛盾が発生しそれを一段上の段階で統一しながら発展してく弁証法的運動法則によって歴史が流れてきたとヘーゲルは考えました。

中論には「真実の法とそれを説く者と、それを正しく聞き取る者とは、ともに得難いものだ」と書かれています。すなわち、「生死は有辺に非ず、無辺に非ず」、「実相は難にも非ず、易にも非ず」、「有にも非ず、無にも非ず」、これを真実の法となづけるのであり、よくこのような教えを聞くことができるものを、真に(如来の)説を聴くものとなづけるのである。と書かれています。
両極端を否定した中道的観点で、否定の否定は単なる肯定ではない。極端なものの考え方には真実はなく、正しさは中道にあるという説明だと思います。

さらに摩訶止観には、三諦円融に関する内容が書かれています。天台智の思想の中核部分であると考えます。

大乗仏典(中国・日本編) 摩訶止観より
「即空・即仮・即中であることを明らかにしよう。どうして即空なのかといえば、いずれも縁によって生じたものであり、縁生というのは核となり主となるものがない。主がないものは即空なのである。
どうして即仮なのかといえば、主がなくても生じてくるから仮なるものというのである。
どうして即中というのであるかといえば、法性のありようからはみだすことがないものは、すべて即中というものであるからである。」と述べられています。

三諦円融
空諦とは、すべては固定的なものはなく、一定の時間の幅なかで存在があるように見えるが、それは流れゆく一瞬を見ているだけなのであって、永遠に存在が続いていくものではありません。すべては、原因や条件に依存して存在しているのであり、それ自体で存在があり続けるものでもありません。それゆえにすべてのものは空である。しかし、地上にあるものが「空」だからといって、地上的な生き方をないがしろにしては、修行の意味がなくなります。次なる真実が仮諦、仮の真実。人間の魂が地上に生まれてくるのは偶然でなく、地上的な経験を通して魂を磨きながらその過程で、地上ユートピアをつくるという使命が各人の課題として与えられています。ですから、この世は空であるからといって、否定だけすればよいというものではないので、仮諦という考え方が空諦の後に出てきます。
しかし、仮諦に甘んじてしますと、霊的世界を忘れ、この世的な欲望や快楽に流されてしまうのが人間の弱さであります。
そこで仮諦をも否定しなくてはなりません。空諦と仮諦の両方を否定した中道にこそ真実があるとする中諦こそ人間としての正しい生き方である。という内容が三諦円融であると自分は理解しています。

空海の思想とはどのようなものでしょうか

空海の思想で有名なのが、『秘密曼荼羅十住心論』で簡略化した内容になっているのが『秘蔵宝鑰』という教えです。
己の心を修することで段階的に自分の心を昇華していきますが、自力のみではなく、ある段階から大乗、利他に心が向かいます。
まずは、自分自身の肉体に基づく欲望から、精神性に目覚め、仏法の縁によって修行することで、自己確立しながら、途中の段階で利他に向かいます。
心の状態が、霊的世界の次元構造と対応関係になっていると思えます。
内容が難しいので自分の理解があっているか不安ですが、幸福の科学の教義と、くいちがいがないように、以下にまとめてみました。
仏性があるからすべての人は仏になれるという考え方を否定し、可能性としての仏性はあるが、修行を通して初めて、段階的に仏に向かうことが可能であるというのが結論です。

第一「異生羝羊心・いしょうていようしん」
(本能のままに生きる心)
善悪の区別を知らない凡夫の迷いの心、因果の道理を信じない愚か者の抱く妄執のことです。
彼らには、道徳も宗教もなく、ただ本能のままに毎日を過ごす人達です。

第二「愚童持斎心・ぐどうじさいしん」
(人倫に目覚め、道徳に従って生きる心)
人間としての善心の最初の萌し、凡夫が発心して自己の本源に帰還しようとする心の傾向のはじまりです。他の人に施しをしようとする心が芽生えてきます。

第三「嬰童無畏住心・ようどうむいしん」
(神や天を仰いで生きていく心)
羝羊心という固定化した本性があるわけではないから、善心に転化しうるし、愚童のごとき人々にも外からの縁によって内面的な変化が起こり、苦を厭う心が起こります。
諸宗教を信じる人達が、この世を厭う心であり、凡夫が天上の世界を憧がれ欣ぶ心です。

第四「唯蘊無我心・ゆいうんむがしん」
(小乗仏教・声聞乗の心)
声聞乗のことです。もろもろの外道は我と我所とは有り、と考えます。このような妄執によるが故に、生死・輪廻の世界から出離することができず(かりに禅定を修して)非想非非想処に生まれても、かならずまた下界に堕落します。ゆえに仏は声聞乗を求める人々の為に人空法有の立場をお示しになりました。苦・集・滅・道の四諦の法門をひろく観察します。

第五「抜業因種心・ばつごういんじゅしん」
(小乗仏教・縁覚乗の心)
縁覚、別名独覚乗の人々がそれをめざして修行し、そこに到達して安住するところ(の境界をいうもの)であります。十二因縁という考えを修していけば、業に左右される人生から解放されて、阿羅漢という聖者の位に達することができます。

第六「他縁大乗心・たえんだいじょうしん」
(これから大乗仏教・法相宗の心)
大乗の菩薩・大士(マカサツ)の法があります。その名を他縁乗といいます。その認識するところは、建立外道や長爪梵志の立場を超えて高く昇り、衆生利益に関しては、声聞・縁覚の立場を超えて広く(一切衆生を涅槃の域へと)運ぶことができます。執着を洗い流し、【慈・悲・喜・捨】の四無量心(布施・愛語・利行・同事)の四摂法によって、他者をたすけ、利行します。識の理論を思惟し、(その立場から思惟を、人間の)心というものが、幻や陽炎のごとき仮象に過ぎず、実体としては存在しない、という一点に集注します。
すべての外界の事象は、自分の心にうつった映像の如きものと受け止め、あらゆるとらわれを除きます。

第七「覚心不生心・かくしんふしょうしん」
(三論宗の心)
一は百千の母であり、空はすなわち仮有の(万象)の根基(もとい)です。仮有は(実)有ではないけれども、現に有り有りとして万象の世界を現成しています。絶対空は虚無としての空ではないけれども、空空として不住であります。
これゆえに、色は即ち是れ空、空は即ち是れ色であります。中道の教義がでてきます。

「不生・不滅」「不常・不断」「不一・不異」「不来・不去」の八種の否定、八不中道を修することによって極端な見方を離れ、仏教本来の中道に立ち、さまざまの誤った見方を断ち切って、ただひたすら空を観じると、心の本源が空寂となります。

第八「如実一道心・にょじついちどうしん」
(天台宗の心)
天台の教えを修業すると、この世のすべての現象は一つにまとめられ、みな本来は清浄であり、外界の事象も、それを観ずる智慧も一つになっていきます。
天台教学においては、存在するものの在り方を示す範疇に十種類あります。これを十如是といいます。
「如是相」・「如是性」・「如是体」・「如是力」・「如是作」・「如是因」・「如是縁」・「如是果」・「如是報」・「如是本末究竟等」
さらに、十界互具説という教えがあり、人間が地上に生まれてくる前にいた霊的世界があります。
「地獄」・「餓鬼」・「畜生」・「阿修羅」・「人間」・「天上」・「声聞」・「縁覚」・「菩薩」・「仏」の十個の世界に分類します。

第九「極無自性心・ごくむじしょうしん」
(華厳宗の心)
もし、ものが縁によって生じたのであれば、それは自性が無いということです。そして自性が無いということなら、それは、本不生であるということです。
本不生なるものは心の実際です。そしてこの心の実際もそれまた不可得(人間的な認識が及ばないもの)です。故に、(心の実際に至った状態を)「極無自性心生ず」というのです。
華厳宗の教理によりますと、水と波は別のものに見えますが、水には自性が無く、風が吹くから波が立つわけで、実は、水と波とは同じものだということがわかります。

第十「秘密荘厳心・ひみつしょうごんしん」
(真言密教の心)
秘密荘厳心というのは、徹底的に自己の心を究めた境地です。
これまでの九種の住心は、次々と進んでいく途中の過程ですから、終着の固有の性質があるわけではなく、無自性です。各々が次の住心の因になっています。

天台智や空海の思想は、お題目を唱えれば救われるというものではなく、己の心を徹底的にみつめながら、段階的に自己を完成に導き、衆生に対しては慈悲の心で救っていこうとする教えです。

仏陀の教えである、『上求菩提・下化衆生』の教えを体現していると思います。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:23 | Comment(2) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする