2013年01月26日

空海・秘蔵宝鑰と次元構造

空海・秘蔵宝鑰と次元構造

秘蔵宝鑰とは空海の思想で、秘密曼荼羅十住心論を簡略化した内容になっています。
心の在り方、心境や悟りを段階的にわけて体系化されています。
日本の仏教が題目を唱えれば救われるといった他力信仰だけではないということを、あらためて自分で証明したいと思い、空海の思想を選んでみました。
己の心を修することで段階的に自分の心を昇華していきますが、自力のみではなく、ある段階から大乗、利他に心が向かいます。
まずは、自分自身の肉体に基づく欲望から、精神性に目覚め、仏法の縁によって修行することで、自己確立しながら、途中の段階で利他に向かいます。
心の状態が、霊的世界の次元構造と対応関係になっていると思えます。
内容が難しいので自分の理解があっているか不安ですが、幸福の科学の教義と、くいちがいがないように、以下にまとめてみました。
仏性があるからすべての人は仏になれるという考え方を否定し、可能性としての仏性はあるが、修行を通して初めて、段階的に仏に向かうことが可能であるというのが結論です。

第一「異生羝羊心・いしょうていようしん」
(本能のままに生きる心)
善悪の区別を知らない凡夫の迷いの心、因果の道理を信じない愚か者の抱く妄執のことです。
彼らには、道徳も宗教もなく、ただ本能のままに毎日を過ごす人達です。

第二「愚童持斎心・ぐどうじさいしん」
(人倫に目覚め、道徳に従って生きる心)
人間としての善心の最初の萌し、凡夫が発心して自己の本源に帰還しようとする心の傾向のはじまりです。他の人に施しをしようとする心が芽生えてきます。

第三「嬰童無畏住心・ようどうむいしん」
(神や天を仰いで生きていく心)
羝羊心という固定化した本性があるわけではないから、善心に転化しうるし、愚童のごとき人々にも外からの縁によって内面的な変化が起こり、苦を厭う心が起こります。
諸宗教を信じる人達が、この世を厭う心であり、凡夫が天上の世界を憧がれ欣ぶ心です。

第四「唯蘊無我心・ゆいうんむがしん」
(小乗仏教・声聞乗の心)
声聞乗のことです。もろもろの外道は我と我所とは有り、と考えます。このような妄執によるが故に、生死・輪廻の世界から出離することができず(かりに禅定を修して)非想非非想処に生まれても、かならずまた下界に堕落します。ゆえに仏は声聞乗を求める人々の為に人空法有の立場をお示しになりました。苦・集・滅・道の四諦の法門をひろく観察します。

第五「抜業因種心・ばつごういんじゅしん」
(小乗仏教・縁覚乗の心)
縁覚、別名独覚乗の人々がそれをめざして修行し、そこに到達して安住するところ(の境界をいうもの)であります。十二因縁という考えを修していけば、業に左右される人生から解放されて、阿羅漢という聖者の位に達することができます。

第六「他縁大乗心・たえんだいじょうしん」
(これから大乗仏教・法相宗の心)
大乗の菩薩・大士(マカサツ)の法があります。その名を他縁乗といいます。その認識するところは、建立外道や長爪梵志の立場を超えて高く昇り、衆生利益に関しては、声聞・縁覚の立場を超えて広く(一切衆生を涅槃の域へと)運ぶことができます。執着を洗い流し、【慈・悲・喜・捨】の四無量心(布施・愛語・利行・同事)の四摂法によって、他者をたすけ、利行します。識の理論を思惟し、(その立場から思惟を、人間の)心というものが、幻や陽炎のごとき仮象に過ぎず、実体としては存在しない、という一点に集注します。
すべての外界の事象は、自分の心にうつった映像の如きものと受け止め、あらゆるとらわれを除きます。

第七「覚心不生心・かくしんふしょうしん」
(三論宗の心)
一は百千の母であり、空はすなわち仮有の(万象)の根基(もとい)です。仮有は(実)有ではないけれども、現に有り有りとして万象の世界を現成しています。絶対空は虚無としての空ではないけれども、空空として不住であります。
これゆえに、色は即ち是れ空、空は即ち是れ色であります。中道の教義がでてきます。

「不生・不滅」「不常・不断」「不一・不異」「不来・不去」の八種の否定、八不中道を修することによって極端な見方を離れ、仏教本来の中道に立ち、さまざまの誤った見方を断ち切って、ただひたすら空を観じると、心の本源が空寂となります。

第八「如実一道心・にょじついちどうしん」
(天台宗の心)
天台の教えを修業すると、この世のすべての現象は一つにまとめられ、みな本来は清浄であり、外界の事象も、それを観ずる智慧も一つになっていきます。
天台教学においては、存在するものの在り方を示す範疇に十種類あります。これを十如是といいます。
「如是相」・「如是性」・「如是体」・「如是力」・「如是作」・「如是因」・「如是縁」・「如是果」・「如是報」・「如是本末究竟等」
さらに、十界互具説という教えがあり、人間が地上に生まれてくる前にいた霊的世界があります。
「地獄」・「餓鬼」・「畜生」・「阿修羅」・「人間」・「天上」・「声聞」・「縁覚」・「菩薩」・「仏」の十個の世界に分類します。

第九「極無自性心・ごくむじしょうしん」
(華厳宗の心)
もし、ものが縁によって生じたのであれば、それは自性が無いということです。そして自性が無いということなら、それは、本不生であるということです。
本不生なるものは心の実際です。そしてこの心の実際もそれまた不可得(人間的な認識が及ばないもの)です。故に、(心の実際に至った状態を)「極無自性心生ず」というのです。
華厳宗の教理によりますと、水と波は別のものに見えますが、水には自性が無く、風が吹くから波が立つわけで、実は、水と波とは同じものだということがわかります。

第十「秘密荘厳心・ひみつしょうごんしん」
(真言密教の心)
秘密荘厳心というのは、徹底的に自己の心を究めた境地です。
これまでの九種の住心は、次々と進んでいく途中の過程ですから、終着の固有の性質があるわけではなく、無自性です。各々が次の住心の因になっています。

日本が生んだ『空海』は仏教を代表する一人であり、ドイツ観念論哲学にも匹敵する偉大な宗教家であると思います。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 16:53 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

百戦百勝の法則・韓信流勝てる政治家の条件 感想

百戦百勝の法則・韓信流勝てる政治家の条件 感想

韓信については、「項羽と劉邦」著者司馬遼太郎の本以外に読んだことがないので、小説レベルでしか理解していません。これが基礎知識としてあるだけです。

韓信は、才能を超えた徳こそ必要であり、劉備玄徳や劉邦の人気がある秘密は、包容力にあると言われていたと思います。
この包容力は身につけようと努力しても、なかなか自分の雰囲気やオーラとして身につけることができません。
プラトン著「メソン」岩波文庫 で、ソクラテスは徳について以下のように述べています。
「徳とは、生まれつきのものでもなければ、教えられることのできるものでもなく、むしろ、徳のそなわるような人々がいるとすれば、それは知性とは無関係に、神の恵みによってそなわるものだということになるだろう」と言われています。

徳とは霊的な感化力で、いくら言葉で素晴らしいことをいっても、心の中に他者に対する愛の気持ちがなければ、徳を身にまとうことはできないかもしれません。

それと個人として当てはまりますが、人に対して上から目線で話す、話し方が敗因の原因であると言われていました。
上から目線で話をされる方は、簡単に自分ができあがってしまう人でしょう。たしかに、いくら正論を述べられても、命令口調でいわれたら話を聞いてくれません。

更に、自分自身にも当てはまりますが、自分の実力を知らずに、修練も足りないという点を指摘されていましたが、「汝自身を知れ」という言葉を思いだします。
他人が知ることができないところでの、自己修練が足りないからこそ他者に対して、上から目線で平気で話せるかもしれません。

総裁先生は本当に人間の努力を超えた努力をされて、一代で幸福の科学を築き上げ、幸福実現党を立ち上げ、学園をつくり、映画を作り、講演をしながら、霊言をとりながら、その他もろもろの活躍をされて(弟子として申し訳ございません)いますので総裁先生は、信者でなくとも偉い人だなと思われて当然です。
しかし信者は、総裁先生の本を読んでいるからと言って、読んでいない人より偉いわけでなく、世の中には現時点で真理を学んでいないとしても非常に立派な方はたくさんいます。
それを総裁先生が偉いからといって、自分と同一視し、自分も偉いと思いこんでしまうからこそ、人に対して上から目線で話せてしまうのではないでしょうか。
私の話してよい領域を超えているので、本の感想はこの辺でやめますが、

「百戦百勝の法則・韓信流勝てる政治家の条件」を読まれることをおすすめ致します。




ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 22:49 | Comment(1) | 総裁先生の本を読んだ感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする