2011年12月31日

HRPニュースファイル137]「政治家の使命」とは何か――政治家の心意気こそ経済成長の牽引力

[HRPニュースファイル137]「政治家の使命」とは何か――政治家の心意気こそ経済成長の牽引力

民主党の社会保障と税の一体改革両調査会の合同総会は29日、消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%と2段階で引き上げる消費税増税案を含む一体改革大綱素案の税制抜本改革案を了承しました。(12/30産経)

これを受けて、政府は30日、消費税増税を柱とする「社会保障と税の一体改革」の素案をまとめました。与野党協議を経て、年明けの通常国会で消費増税の関連法案を3月末までに提出することを目指しています。

消費税増税に向けた野田首相の意志は固く、「政治家の集大成のつもりで臨む」「私の政権で一番苦しく逃げてはいけないテーマは社会保障と税の一体改革だ」と決意を示しています。

「無税国家」を掲げる松下政経塾出身の初の首相として、国民の負担増と経済衰退をもたらす「増税」を政治家の集大成とするというのはあまりに淋しく、政治家の風上にも置けません。

「社会保障と税の一体改革」の間違いは二つあります。その第一は「歳出削減の努力」が欠如していることにあります。

野田首相は、復興増税で国民に10兆円以上の負担を押し付けておきながら、復興増税成立後、早々と議員定数削減を先送りし、国家公務員の冬のボーナスを4.1%も増額しました。

国と地方の公務員のボーナス平均は76.5万円(みずほ証券調べ)で、民間平均37.8万円の2倍以上となりました。野田首相は「歳出削減」どころか、公務員の人件費増大を推し進めています。

政治家や官僚は決して身を削らず、肥える一方、疲弊する国民から増税して税金を取り立てている姿勢は、国民を飢餓に追いやってでも、豪華な暮らしを続けている北朝鮮の豚親子と何ら変わりありません。

「社会保障と税の一体改革」の間違いの第二は「経済成長」の視点が完全に欠けていることにあります。経済成長して、GDPが伸びれば、税収は飛躍的に増大します。

「社会保障と税の一体改革」という問題設定自体が「経済成長」を視野から外し、「社会保障が毎年増加する→増税は不可避」という財務省による巧みな詐術(トラップ)であることを私たちは見抜かなくてはなりません。

税収が経済成長と密接に関連がある以上、問題設定は「社会保障と税の一体改革」ではなく、「経済成長と税の一体改革」であるべきです。

しかし、野田首相は「経済成長」には関心を示さず、ただ「増税」に対してのみ「不退転の決意」で臨もうとしています。

本来、政治家は自国を世界一豊かにするというビジョンを持ち、その実現に向けて「不退転」で努力しなければなりません。

幸福実現党のついき秀学党首は、今、日本が持つべきビジョンとは「世界一にして世界最先端の経済社会の実現」ということを掲げています。(ついき秀学党首論文「これが本物の経済成長戦略だ」⇒http://p.tl/RrAC

「増税推進派」の政治家、学者は総じて悲観論に立っています。「これ以上の経済成長は望めない。成長しても金利が上がり、借金が返せない、借金が膨らみ、日本はギリシャのように破綻する」としています。

「このままの雲行きだと、明日は大嵐がくる」と天気予報をしているようです。学者は天気予報で良いでしょう。しかし、政治家は天気予報ではだめです。

幸福実現党のついき秀学党首のように、「明日は快晴にする!」というビジョンを国民に示して国民を導き、天気予報自体を変えることが「政治家の使命」なのです。

国家経営も企業経営も本質は同じです。「未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。未来を予測しようとすると罠にはまる」という、ドラッカーの格言を今こそ噛みしめるべきです。

したがって、「明日は嵐になる(財政破綻)。傘(増税)が必要です」という財務官僚、学者の天気予報に唯々諾々と従い、不退転の覚悟で「傘を集める(増税する)」という野田首相の姿勢は、国家の「経営者」としての資質に欠けていると言わざるを得ません。

「明日は必ず快晴にしてみせます!皆さん、傘はいりませんよ!」と明るい未来ビジョンを示してくれる政治家の心意気こそ、今の日本には必要なのです。そうであってこそ、投資も活発化します。

野田首相の「増税路線」では、民間からさらに富が剥奪され、税金が増えるどころか、国民全体がいよいよ貧しくなり、税収が激減することは火を見るより明らかであります。

今こそ、政治家、官僚共に「国富」を創造するという一点に、あらゆるエネルギーを集中すべきです!そして、民間に富が蓄積されてこそ、税収が増えるのです。「経済成長と税の一体改革」こそが必要なのです。(文責・加納有輝彦(岐阜県本部幹事長))
☆゜・*:.。. .。.:*・゜


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 22:07 | Comment(0) | 幸福実現党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンちゃん;不滅の法「心の中の宇宙」考察

不滅の法「心の中の宇宙」考察

仏説・正心法語の真理の言葉「正心法語」の内容との関係で序章「心の中の宇宙」について感想を述べていきたいと思います。
正心法語には大宇宙に光あり 光は仏の生命なり 生命によりて人は生き とあります。宇宙に発生した光は始原の光であり、それは仏の生命であると同時に、その光のエネルギーで人は生かされている。その光の供給によって人間を含めたあらゆる動植物は生かされているのであり、その仏の慈悲がなければ、あらゆる生命及び鉱物はその存在の根拠を失い、すべては消えていく存在でもある。
人は自分勝手に生きているのではなく、生かされた存在であるということだと思います。自分が好き勝手に生きていると思うか仏の慈悲により生かされていると思えるか、どちらの考えを選択するかで、天国に行くか地獄に落ちるか決まってくるのではないかと思います。

光 分かれて七色の 虹は天空 地に架かる 仏の慈悲は広がりてとあり、七色光線の説明がされていますが、光りが分かれて9次元の七色光線に分光したとするならば、光が分かれる前の大宇宙に光ありの「光」とは9次元より高い次元でなければならない。その9次元に分かれる前の光りは、仏の生命なりとあるので、必然的に仏の存在は10次元以上ということになる。

人間は、仏の生命によって生かされていると同時に、仏と同じ光を心の奥に内在している存在でもある。それゆえに愛や慈悲、無我の思想が意味をなしてくる。もし、人間の存在が唯物論的な考えのような死んだらおしまいであるとか、人間機械論のような人間をロボットと同じようなとらえ方をするならば愛の大切さや、目に見えない人間としての素晴らしさすべてが、意味のないことになってしまいます。

自他は これ 別個に非ず 一体なりであるからこそ、愛の大切さが導かれてくると思う。
物質世界、現実世界では自分を含め、なかなか愛の思いや人に対しての優しい言葉などが出てこないが、すべての人間が魂の奥に仏性あるいは神性を宿しているからこそ、愛の発展段階説によって人間は仏に近づいていくことが可能であると考えます。

心の探究のもう一つの方法として、自と他の関係や自分と世界の関係ではなく、自分自身の内に穿ちいるとあります。仏教でいう無我の世界の説明ですが、自我が固まった状態というのが湖面に大きな波が立ってその波が個性をもっている状態と説明されています。
波である以上、必ず周波数がありその周波数の違いが個性の違いとして表現されているのかもしれません。その大きな波が静まって湖面全体が一つになるような澄みきった状態を無我の境地であると説明されていますが、まだ自分に関してみれば、見かけ上は自分と他人は独立した個別の存在にみえるし、理論としては無我とはこのような感じかなと漠然と思っていますが、現実的日常生活のなかでは、厳しい状況が続いているなと思います。

しかし、仏法真理と日常の生活が現実問題としてかけ離れているからこそ、正しき心の探究でありまた、「人生は一冊の問題集」であり、努力精進のし甲斐があると思います。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 00:51 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする