2011年01月29日

ガンちゃん;ゾウとネズミの生涯

自分の調べた範囲では、振動数と大きさは反比例する。(理由はとばし・・・)
振動数とエネルギーは比例して、振動数が高いほどエネルギーも高いが逆に、ものの大きさが小さい。振動数が低い(波長が長い)とエネルギーは低いが、ものの大きさは逆に大きい。
我々は、物理学でF(力)=質量(m)×加速度(V)と習った。質量が大きいほど、それを動かす力は強くなければいけないので、一見大きい生物ほどエネルギーを使用しているのではないかと錯覚してします。
実は、体が大きいほど、それほどエネルギーの消費量は多くなく実は、体が小さいほどエネルギーの消費量が多いのであると思う。
それがネズミとゾウの、体の大きさと運動量と寿命の違いとして表れている。

ネズミは寿命が短いから転生する回数が多く、ゾウは寿命が長いので転生する回数はネズミと比較して、それほど転生の回数は多くないので進歩と言う観点から見た時にネズミのが進歩しているのではないかと観察されている様ですが・・・・

私の意見としては、
ゾウとネズミを同じように比較してはいけないと考えます。
ゾウとネズミでは、その形状や大きさからして明らかに、つくられた時の使命、目的が違うと考えるからです。

人間の場合は、その人自身の課題や使命によって、転生する回数は違ってくる。
特に人間は、高級霊であればあるほど、転生する回数は少なく、低級霊(差別用語ではありません)であるほど、洗濯機型転生輪廻を繰り返すので、転生輪廻する回数では進歩しているかどうか、わからないところがある。
あくまでも、人生をどのように生きたか、何を学んだか、どれだけ人のために人生をおくったか、その内容をこそ問われているので生まれ変わってくる回数は、あまり関係ないのかな〜と思える。

ネズミはネズミとしての長所を生かした人生があり、ゾウはゾウとしての人生があり、それぞれの進化の道を歩んでいると言うことで、ひとまず時間の話は終わりにしようではないか。
頭が痛くなってきた。

ただ、宇宙人を見ると、蜂や爬虫類、カマキリ、鶏、プレアデス、猿、猫、とその外見に合わせた、魂の傾向性があると思われるので、心の傾向性が外見の違いとして繁栄せれていると推測できる。
ゾウはのんびりしているが、怒ったら危険だし、ネズミは臆病でちょこちょこ動き回っている。
外見を通してある程度、心の傾向性が見え隠れしていると思う。 ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 01:53 | Comment(0) | 哲学的認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ガンちゃん;キリスト教の清貧思想について

うららかなブログさんのキリスト教と清貧思想を読みました。

自分ごとで恐縮ですが・・・

誰から教わったわけでなく昔から聖書を読んでいました。
聖書だけでなく、ミルトンの『失楽園』やダンテの『神曲』、ヘレンケラーの自伝やスウェーデンボルグの『天国と地獄』、ジャンヌダルクの物語などキリスト教に関係する本は何故か人に教えてもらったわけではありませんが関心がありました。
今でも、聖書の福音書を見ると昔、読んだ箇所に赤線が引いてあるので、かなり真面目に読んでいたんだなーと感じます。

確かに新約聖書の福音書には、心の教えや愛の教えが語られていますが、富やお金に関しては否定的な見方をしている箇所がいくつかあります。

現在は富を否定しては、とても生活することもできなければ、自由な時間の確保、または、家庭調和も実現できないでしょう。
私の経験では富があれば、家庭調和の9割は実現するでしょう。

頭では、富の重要性を理解していると感じていますが、魂の深いところで富を否定しているのでしょうか?
振り返ってみれば確かに、富に関して深い思索をしたこともなければ、富を愛すると言うこともなかったと思います。

今回の人生で、富を肯定しないとお金が自分に流れてこない、流れてこなければいろんな面で軋轢やトラブルが発生し、心の統御が難しいと体験を通して痛いほど、実感しました。

表面意識と潜在意識が同じ方向に向くように徐々に魂の傾向を変えていくべく努力しようと自分で自分に誓いました。

ブログを通して、他の方も富について投稿していますので、大変勉強になりますし、今後とも勉強させていただきます。

感謝(合掌) ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 02:29 | Comment(3) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする