2017年03月21日

獣の世界に近づく人間世界を救えるのは慈悲の光

獣の世界に近づく人間世界を救えるのは慈悲の光


獣の世界とは、闘争と破壊が繰り広げられる世界です。
お互いに相手を食いあい、常に恐怖が支配する世界のことを言います。

獣の世界に近づいたこの世界を、どうしたら神仏の正しさが支配する世界に戻すことができるのでしょうか。

そのためには正しい宗教の教え、法を広げていく必要があり、霊的世界を信じ、神仏の存在を信じる信仰心を持った人たちの力が必要です。

幸福の科学の教えは多岐にわたり、一言でまとめてお話しするのは難しいかもしれませんが、仏教的な教えがベースであると自分は思っています。

現代の四正道である、愛・知・反省・発展のなかで、知の部分は仏教的な智であると考えています。
もちろん、それ以外にも知に含まれるものは、政治や経済・科学、歴史等、知の範囲は限りなく広がりますが、人間の魂を向上させる教えという意味では、仏教的教えが中心であると自分は考えています。


基本的に仏教の修行は自力で、戒・定・慧の三学であると言われています。
戒律を守る過程で自分の日常生活の在り方を律していきながら、禅定を通して自分の心を落ち着け、霊天上界との交流をはかり、智慧を得る。
戒も定も最終的には智慧を得ることが目的であり、この世的な束縛やとらわれから自由になり、その結果、解脱をすることが可能であるといわれています。
真実の自由とは実在界のおける価値観を体現した自由であり、自分が真実解脱したことを知る解脱知見があると教わっています。

この地上は相対的な世界であり、相互依存で成り立っています。
あるいはお互いの関係で成り立っており、それ自体の性質からなるものはありません(無自性)。

ナーガールジュナの『中論』には、不浄と淨についての説明として、「淨と不浄とがそれぞれ自身の本質(自性)を持つならば淨は不浄を離れても存在し、不浄とは淨とは独立に不浄として存在するであろう。しかし、淨も不浄も自然的存在のありかたであるから、独立に存在することは不可能である。」
両者は互いに無関係ではありえず、互いに他を予想して存在しています。
淨は不浄によって淨であり、不浄は淨によって不浄である。
したがって両者は独立には存在しているとはいえません。すべてはお互いに相互依存で成立しています。

私達は、感覚器官を通して物質的なものを実在と思い、実体があると考えています。
しかし、実体性とはしょせん、限定されたものにすぎません。
物質的なものが未来永劫続いていくものではありません。
ある限られた時間の範囲で存在するだけです。
どこまでも限られた意味において実在するのであり、すべての存在には滅びが内包されています。

このように、空の思想をもって、あるいは『諸行無常』『諸法無我』を説くことで、地上に対する執着をなくしていくようにします。
地上に対しての執着がなくなることで、自分さえよければいいというような共食いは、なくなっていくことでしょう。


四正道の『愛』とは、キリスト教的なる愛とヘルメス的な愛が合体した『愛』であると思います。
無我なる愛と言えるかもしれません。

この愛に、先ほどの仏教的な智慧が融合して、『慈悲』に昇華されると思います。
慈悲とは、愛と智慧の結晶であると考えます。

仏教の根本命題は「上求菩提・下化衆生」であり自分の悟りが高くなるほど救済力が高くなり、影響力も増してくると教わっています。

愛と智慧の融合が上求菩提に対応し、慈悲が下化衆生に対応していると思います。

『仏陀・悪魔との対話』岩波文庫には伝道に関して次のようなことが書かれています。
「尊い方!尊師は教え(真理)をお説きください。幸ある人は教えをお説きください。この世には生まれつき汚れの少ない人々がおります。かれらは、教えを聞かなければ退歩しますが、[聞けば]真理を悟る者となりましょう」。

伝道する対象を選別しています。
慈悲とは基本的に全ての人が救いの対象なのでしょうが、優先順位をつけて、合理的に伝道の対象者を絞っています。


ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 00:50 | Comment(0) | 宗教・思想について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

死後まもなく経験すること  考えた文章は死んだ霊にも伝わりますがコピペは思考力を失い救済力も失う

死後まもなく経験すること  考えた文章は死んだ霊にも伝わりますがコピペは思考力を失い救済力も失う

なぜ、人間は地上に生まれてくるのでしょうか。
地上に生まれ変わる意味は、悟りを得るためです。
人間の魂は、波長同通の法則により、似たような考え方をした者同士が集まります。
ですから、考え方に変化がなく学びも少ないということになるということです。

地上において、精神性にまったく目覚めなかった人、唯物論的な人は死後どうなるのでしょうか。

唯物論的な人が死んだからといってすぐに霊界についての認識を得ることは、まずありえません。
地上において精神性に目覚めることがなかった人、物質がすべてであると考えていた人は、死後もその意識は低い状態であると思います。

ある人はこのように考えます。
「もし、本当に死後の世界があるのであれば、死んでから見ることができるのではないか」と・・・
しかし、地上に生きている期間、神仏を否定し霊界を信じない人は死後において何も見ることはないでしょう。
心が霊界を否定しているからです。
心が否定しているものを見ることはないでしょう。

霊界とは思いの世界ですから、地上において何も考えないで生きてきた人、神仏を否定してきた人、霊界をあざ笑ってきた人は、死後、洞窟で一人寝ている以外にすることはないでしょう。

そして、死んでから数日後、誰でも体験する反省会が待っています。
私達が地上において肉体をまとっていながら、どれだけ霊的世界の真実をつかみ取ることができたか。
目に見えない神仏を信じ、人にどれだけ愛を与えることができたか、霊的価値観からみて自分の人生は正しかったのかなど、自分に縁のある霊人が見ている中で映画のように上映されるといわれています。

これは、幸福の科学以外に神秘学でも同じ内容が書かれていましたので、避けて通れない道なのでしょう。

自分の言葉や行為によって相手を傷つけたとしたら、傷つけた相手の気持ちを自分も体験することになります。
相手を傷つける行為がどれだけ霊的な罪なのかを、相手の立場に立って知ることになります。


ところで、死んだばかりの霊を地上に生きている人たちの力で救う可能性は有るのでしょうか。
唯物論者が、「もし死んだ後に霊界があるなら、地上に生きている間、信じようと信じていなかろうと霊界に行くのだから、地上に生きている間は信じない」という人がいるとします。
このような唯物論者は、死んで霊界に行っても何も見ることはないと上記に書きました。

死んでから、真理の書物を読めるかと言えば、読めるわけがございません。
ですから、この段階では自力で救われる可能性は限りなくゼロに近いと思います。

このような人を救える人とは、普段から真理を学び自分の頭で考えて、わかりやすく人に対して説明できる人でしょう。

死んだ霊が、その人の書いた文章を読んで救われるというよりは、真理を常に考えて文章にしている人の想念と言いますか、念波を読み取って理解するということになると思います。

ここがコピペ以外にできない人との大きな違いです。
すべてコピペで済まそうとする人は、普段から自分で深く考えようとしていないので、迷っている霊を説得できる可能性はまったくないと言えます。

常に相手を想定して、その人のためになる文章を書こうと努力している人と、あたりかまわず張り付ける人とでは、根本的に人や霊に与える影響力に違いがあります。

コピペ依存症の人は、三日前に張り付けた記事の題名すら覚えていないのではないのでしょうか。

人は努力相応に評価される分には問題がありませんし、正当性があります。
しかし、努力しないで分不相応に評価されたとき、・・・・・どうなるのでしょうか

常にコツコツと努力している人には、法力や救済力が身についていくと思います。



ぜひポチッとクリックしてね!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 幸福の科学 ブログパーツ
posted by ガンちゃん at 00:29 | Comment(0) | HS/ガンちゃんの感想・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする